RBCヘリテイジ

米国男子

47歳のS・シンクが17年ぶりの大会3勝目 米通算8勝目

S・シンクが47歳で大会3勝目を手にした RBCヘリテイジ(2021)(最終日) 写真・GettyImages
S・シンクが47歳で大会3勝目を手にした RBCヘリテイジ(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 スチュワート・シンク -1 -19
2T ハロルド・バーナーIII -5 -15
2T エミリアノ・グリオ -3 -15
4 Maverick McNealy -4 -13
4 Corey Conners -3 -13
4 Matt Fitzpatrick -3 -13
7T クリス・カーク -4 -12
7T コリン・モリカワ +1 -12
9T キャメロン・スミス -5 -11
9T シェーン・ローリー -5 -11
<RBCヘリテイジ 最終日◇18日◇ハーバータウンGL(米サウスカロライナ州)◇7121ヤード・パー71>

2日目からトップに立っていた47歳のスチュワート・シンク(米国)が、最終日も「70」をマークしトータル19アンダーで優勝。2位に4打差をつける快勝で、2000年、04年に続く大会3勝目を挙げた。米通算勝利数は8勝となった。

トータル15アンダーの2位タイにはハロルド・バーナーIII(米国)、エミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)が続いた。トータル13アンダーの4位タイはマーベリック・マクニーリー(米国)、コリー・コナーズ(カナダ)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)の3人。

このほか、昨年の「全米プロゴルフ選手権」を制したコリン・モリカワ(米国)はトータル12アンダー・7位タイ。世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)はトータル10アンダーの13位タイだった。

なお日本勢唯一の出場で18年大会覇者の小平智は、トータル1オーバーで予選落ちしていた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング