マスターズ

米国男子

新コーチとのタッグに「毎日新たな発見」 松山英樹が2位タイの好発進

「69」の好スタート! マスターズ(2021)(初日) 写真・GettyImages
「69」の好スタート! マスターズ(2021)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジャスティン・ローズ -7 -7
2T ブライアン・ハーマン -3 -3
2T 松山 英樹 -3 -3
4T Will Zalatoris -2 -2
4T Christiaan Bezuidenhout -2 -2
4T ウェブ・シンプソン -2 -2
4T パトリック・リード -2 -2
8T キム・シウ -1 -1
8T ジェイソン・コクラック -1 -1
8T シェーン・ローリー -1 -1
<マスターズ 初日◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

ゴルフ界最高峰の舞台で、松山英樹が2位タイの好スタートを切った。「ここまでグリーンが硬い、しかも乾いているのは初めてで、ちょっと戸惑いはあった」と振り返ったが、グリーン上でしぶといプレーを見せた。

最初のバーディが来たのは2番パー5。6メートルのバーディパットをねじ込むと、5番、6番では3メートルを決めてパーセーブ。ボギーなしで迎えた8番パー5でも、7メートルのイーグルパットを沈めて3アンダー・単独トップに躍り出た。

17番では3パットで唯一のボギーを叩いたが、18番も2度バンカーに捕まりながらもパーでしのいでフィニッシュ。1イーグル・2バーディ・1ボギーの「69」、3アンダーの2位タイで初日を終えた。

「17番以外はすごく良いプレーができた」と納得の1日。松山にとって10回目のマスターズだが、これまでと違うのは昨年からタッグを組んだ目澤秀憲コーチの存在だろう。「色々なアイディアが出て、毎日新たな発見があって。それがいい方向、悪い方向の両方いきますけど、今日はいい方向にいきました」と語る。

ホールアウト後もすぐさま練習へ行って調整。マスターズでの自身最高位は2015年シーズンの単独5位、今年はそれを上回る活躍を見せてくれるかもしれない。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「彼女に続いて…」2位発進の松山英樹、オーガスタ女子アマ制覇の梶谷翼から大きな刺激
・ジャスティン・ローズがマスターズ単独首位発進! 元サヤのコーチと取り組んだスイングとは?
・新兵器での“デシャンボールート”は不発… 60位タイでの出だしにも「これがゴルフ」
・マキロイのショットが実の父親を“直撃” 「袋詰めの冷凍豆にサインでもして渡すよ(笑)」
・イーグルパットが池… まるで全米OPの“カチカチ”グリーンで初日の平均スコアは「74.523」
・連覇狙うダスティン・ジョンソンは硬いグリーンに苦戦 2オーバーの30位発進
・フリートウッドが16番でエース達成! マスターズのホールインワン数を調べてみた
・またもビデオレビューでペナ発覚 松山英樹と同組のアンサーがホールアウト後に2罰打
・トリあり、チップインイーグルあり 前週優勝のジョーダン・スピースは8位発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング