ザ・ホンダクラシック

米国男子

石川遼は難コースに苦しみ8オーバー・135位T 「結果は悪いけど、ドライバーは良くなっている」

難コースを攻略できず、苦しいラウンドとなった ザ・ホンダ・クラシック(2021)(初日) 写真・GettyImages
難コースを攻略できず、苦しいラウンドとなった ザ・ホンダ・クラシック(2021)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マット・ジョーンズ -9 -9
2T アーロン・ワイズ -6 -6
2T ラッセル・ヘンリー -6 -6
4T Scott Harrington -4 -4
4T ケビン・チャペル -4 -4
4T Cameron Davis -4 -4
4T スティーブ・ストリッカー -4 -4
4T Joseph Bramlett -4 -4
9T キャメロン・トリンゲール -3 -3
9T シェーン・ローリー -3 -3
<ザ・ホンダ・クラシック 初日◇18日◇PGAナショナル・チャンピオン・コース(米フロリダ州)◇7125ヤード・パー70>

「うーん…何を言っても言い訳になってしまうんですけど、1つ1つ進んでいくしかない」。ホールアウト後は、そう悔しさを吐き出した石川遼。今年の米国男子ツアー挑戦2戦目は、8オーバー・135位タイと大きく出遅れた。

大会前には、「まだ調子うんぬんって言える状態ではないですけど、すごくいい感じにはなっている気がします。PGAツアーのセッティングでできるのはすごく楽しみ」と明るく話していたが、米ツアー屈指の難コースを前に、思い通りのプレーをさせてもらえなかった。

昨年大会は初日「76」、2日目「77」のトータル13オーバーで予選落ち。その後、「左のミスを消す」スイング改造に着手し、今大会を「自分の現状を知る」機会ととらえていた石川。「去年のこの試合から1年間やってきて、結果は全然悪いですけど、飛距離の部分とかドライバーのスイングでは自分でも変化を感じていて、すごく良くなっている。いまできることをしっかりやるしかないかなと思っています」。6番ホールでは333ヤードをマークするなど、ドライバーには一定の手応えを感じている。

さらに、「難しいセッティングにビビらず、自分のゴルフに自信を持ってやれるようにならないと、多分こういったコースでは厳しい」、「コース上でああでもないこうでもないって考えたり、スイングがバラバラになっているようでは、なかなか戦わせてはくれない」と苦しい言葉が続く。「本当に待つしかないかなと思います」と、昨年から取り組んでいる新しいスタイルに馴染むまでには、まだ時間がかかりそうだ。

あすは予選カットラインとの戦いになる。「このツアーで1年間通して戦えるような自分になりたいと思いますし、またあすも得られるものはたくさんあると思うので、頑張りたいなと思います」。石川の目指す「自分のゴルフ」で、巻き返しをはかる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング