ザ・ホンダクラシック

米国男子

石の上にも3年ならぬ7年、13年、34年【舩越園子コラム】

難コースをものともせず圧勝 ベテランのジョーンズが7年ぶり栄冠 ザ・ホンダ・クラシック(2021)(最終日) 写真・GettyImages
難コースをものともせず圧勝 ベテランのジョーンズが7年ぶり栄冠 ザ・ホンダ・クラシック(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マット・ジョーンズ -2 -12
2 ブランドン ハジー -4 -7
3T 潘 政琮 E -6
3T ラッセル・ヘンリー -2 -6
3T デニー マッカーシー -3 -6
3T ブレンダン・スティール -5 -6
3T チェース サイファート -6 -6
8T サム ライデル +1 -5
8T ザック・ジョンソン E -5
8T イム ソンジェ E -5
米ツアーの「ザ・ホンダ・クラシック」を制したのは、オーストラリア出身の40歳、マット・ジョーンズだった。

彼は母国の「オーストラリアン・オープン」で2勝(2015年、2019年)を挙げているが、主戦場の米ツアーでは2014年の「シェル・ヒューストン・オープン」で初優勝を挙げて以来、6年11カ月15日、ほぼ7年間も勝利から遠ざかっていた。

「この7年は厳しい日々だった。この4日間、この難コースで心穏やかにプレーできたことが、とてもうれしい。この7年間、いろいろなことがあったけど、コツコツ積み上げてきた努力が今、ようやく報われた」

40歳にして7年ぶりの復活優勝と聞けば、勝てなかった間にジョーンズがどれほど歯を食い縛って踏ん張ってきたか、どれほど我慢を重ねてきたかが、自ずと想像される。

「7年ぶり」の優勝は文句なしの素晴らしいカムバックだった。だが、ジョーンズのうれし涙を誘ったものは、実を言えば、それ以外にもあった。

ジョーンズは米ツアーにデビューしたばかりの2008年に、このホンダ・クラシックでルーキーながら最終日を首位で走っていた。しかし、17番(パー3)で池につかまり、ダブルボギーを喫して4位タイに終わった。

だから今年は、「ベアトラップ」と呼ばれる終盤15番からの上がり4ホールでは4日間とも決して気を抜かず、とりわけ最終日の17番では、13年前の二の舞を演じないよう、しかし過度に意識して失敗しないよう、気を引き締めつつリラックスするという難儀をやってのけ、危なげなくパーで収めた。

すでに2位を5打も引き離していたとはいえ、「17番でグリーンを捉えたとき、初めてほっとした」。そう、ホンダ・クラシック最終日の17番を無事に切り抜け、勝利したことは、ジョーンズにとっては「13年ぶり」の雪辱だったのだ。

だが、もっと素晴らしいなと思うのは、34年という歳月がジョーンズをトッププレーヤーへと育んできた歴史だ。

今から34年前の1987年、まだ6歳だったジョーンズは「オーストラリアン・マスターズ」で母国出身のビッグスター、グレッグ・ノーマンと、少しだけ言葉を交わす機会に恵まれ、「僕もノーマンのような強くてカッコいいプロゴルファーになりたい」と憧れの念を抱いた。

以来、兄のブレットとともに腕を磨き、大学は米国のアリゾナ州立大学へ進んだ。オール・アメリカンにも選ばれ、プロ転向。下部ツアーを経て、2008年にPGAツアー参戦を開始した。ミスUSAのアイダホ代表になったほどの美女メリッサと結婚し、3人の娘も授かった。2014年にはシェル・ヒューストン・オープンを制して米ツアー初優勝。翌週はその足でオーガスタ・ナショナルへ駆け込み、夢見ていた「マスターズ」に初出場した。

しかし、結果はあえなく予選落ち。以後、ジョーンズの成績は振るわなくなり、2016年ごろからはすっかり低迷。この7年間は「勝てなかった7年」というより、米ツアーに「しがみついてきた7年」だった。

どんなときも心の拠り所となっていたのは、6歳のときに抱いた「ノーマンのような選手になりたい」という強い想いだった。

その想いを、ノーマンと言葉を交わして以来「34年ぶり」に実現し、難コースのPGAナショナルを「14年ぶり」に制覇し、米ツアーで「7年ぶり」の復活優勝をついに遂げた。生涯2度目のマスターズ出場も叶い、大慌てでオーガスタ・ナショナルに乗り込んだ初出場のときとは異なり、今回は2週間の余裕を持って挑むことができる。

「そういう何もかもが素晴らしい。未来が開け、未来を築いていけることが何よりうれしく、素晴らしい」

「石の上にも3年」という言葉があるが、「7年」「13年」「34年」を耐え抜いたジョーンズが輝く未来を掴んだことは、大勢の人々に勇気と元気をもたらしたのではないだろうか。

文・舩越園子(ゴルフジャーナリスト)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

●アマゾン





●楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊パーゴルフ 2021年 4/6号 [雑誌]
価格:489円(税込、送料無料) (2021/3/16時点)


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング