アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード

米国男子

松山英樹、トップ10入り間近も悔しい終盤 次戦は昨年ロケット発進のザ・プレーヤーズ

次戦は2020年「63」をマークしたザ・プレーヤーズ選手権 アーノルド・パーマー招待(2021)(最終日) 写真・GettyImages
次戦は2020年「63」をマークしたザ・プレーヤーズ選手権 アーノルド・パーマー招待(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブライソン・デシャンボー -1 -11
2 リー・ウェストウッド +1 -10
3 コリー コナーズ +2 -8
4T ジョーダン・スピース +3 -6
4T リッチー・ワレンスキー +1 -6
4T アンドリュー・パットナム -1 -6
7 クリスティアン ベゾイデンハウト +1 -5
8T クリス・カーク +2 -4
8T ジェイソン・コクラック +2 -4
10T ローリー・マキロイ +4 -3
<アーノルド・パーマー招待 最終日◇7日◇ベイヒルC&L(米フロリダ州)◇7466ヤード・パー72>

強風のため難易度が増した最終日。オーバーパーの選手が続出するなか、松山英樹はスコアを2つ伸ばして17番を迎えていた。

序盤からアゲンストが続く中でも、フェアウェイキープ率78.57%とショットが安定。一方パターでチャンスを外す場面も見られたが、16ホールを終えて4バーディ・2ボギーとアンダーをマークしていた。

トップ10入りが見える位置で迎えた残り2ホール。17番パー3はティショットを左のカラーに外し、13メートルを2パットでパー。ボギー続出の18番パー4では、フェアウェイからの2打目をグリーン右サイドの池に入れ、ドロップして打った4打目も寄せきれず2パットのダブルボギー。「72」とイーブンパーで最終日を終え、トータル2アンダー・18位タイフィニッシュとなった。

「どちらかでバーディを獲りたかったけど、最後は状況的にバーディを獲れるシチュエーションじゃない。左に安全にいったのが、全然安全じゃなかったというか、もったいなかった」。前週の「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」でも、最終ホールでダブルボギーを叩いて後退しトータル8アンダー・15位タイ。「2週連続ですごく嫌な上がり方。来週はいい上がり方ができるようにしたい」と、トップ10入りを逃す悔しい終盤となった。

強風の中でも安定したショットを見せた傍ら、課題に挙げたのはショートゲーム。「アプローチも含めて、最近思うようにいっていない。グリーン周りとパッティングが良くなればチャンスも増える」と振り返る。

「もっともっと精度を高められるように」と見据える次戦は、昨年単独首位発進を決めた「ザ・プレーヤーズ選手権」だ。コース記録タイとなる「63」のロケットスタートだったが、コロナ禍で2日目以降が中止となった。“幻”となってしまった2020年大会を追い風に、TPCソーグラスに舞い戻る。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)
ALBA.Net関連記事
・ブライソン・デシャンンボーは時代の「寵児」【舩越園子コラム】

●アマゾン



●楽天

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング