アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード

米国男子

松山英樹は3日目に初の60台をマーク 「パットのリズムが安定してきた」

最終日の爆発に期待がかかる(写真は2日目のもの) アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2021)(3日目) 写真・Getty Images
最終日の爆発に期待がかかる(写真は2日目のもの) アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2021)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード 3日目◇6日◇ベイヒルC&L(米フロリダ州)◇7466ヤード・パー72>

「きのうまでに比べたら悪いところは減ったと思うけど、もう少し伸ばせた感じはあるので、明日はしっかり伸ばして終われるように頑張りたい」。1イーグル・3バーディ・2ボギーの「69」で回った第3ラウンドをそう振り返った松山英樹。今大会で初となる60台で、トータル2アンダーにスコアを伸ばし、前日の53位から35位に順位を上げた。

フェアウェイを外したのが4回だけとティショットは安定している。「ミスがミスになっていないからって感じです」と相変わらず自分に厳しい。「いまの状態では頑張って3アンダーだったんじゃないかと思います」と現状を冷静に分析する。

6番パー5では残り219ヤードから5番アイアンで4メートルに2オンしてイーグルを奪った。いい弾みになったかと聞かれると、「その後に池に入れているので」と、8番ホールでわずかにショートしたセカンドショットを悔やむ。しかし、ドロップした13ヤードのアプローチをきっちり1メートルに寄せてボギーで収めた。

前半を1イーグル・1バーディ・2ボギーでスコアを1つ伸ばして折り返すと、後半は2つのパー5できっちりバーディを奪って「69」のラウンドとなった。この日は「タッチが合っていた」とロングパットもストレスなく打てていた様子。「パットのリズムはだいぶ安定してきたので、あとは構えがうまくしっくりくればいいんじゃないかなって思う」。ずっと不調だったパッティングの調子も上向いてきた。

あすの最終日に向けては「このコースでなかなか良いプレーができていないので、良いプレーをして終われたらと思う」。そして最後に「ゆっくり寝られるので頑張りたいなと思います」と締めた。順位を上げたことで、あすの最終日は現地時間の午前10時55分にティオフを迎える(3日目は8時35分スタート)。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・B・デシャンボーが6番パー5でついに1オン狙い?! 370ヤードの池越えに大興奮
・【動画】ブライソン・デシャンボーがパー5で1オン狙い! 会場は大盛り上がり!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング