アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード

米国男子

松山英樹は粘りのゴルフで週末へ 手首痛めるも「後半伸ばせてよかった」

松山英樹は粘りの予選通過 アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2021)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹は粘りの予選通過 アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Corey Conners -3 -9
2 マーティン・レアード -5 -8
3T Viktor Hovland -4 -7
3T ローリー・マキロイ -1 -7
3T Lanto Griffin -4 -7
6 ブライソン・デシャンボー -1 -6
7T ポール・ケイシー -3 -5
7T Sungjae Im -2 -5
7T ジャスティン・ローズ -4 -5
7T ジョーダン・スピース -3 -5
<アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード 2日目◇5日◇ベイヒルC&L(米フロリダ州)◇7466ヤード・パー72>

初日の出遅れを取り戻すべくスタートした松山英樹は、4バーディ・2ボギーの「70」で回り、トータル1オーバーの53位タイで決勝ラウンド進出を果たした。

苦しい展開は前半も続いた。「なかなかドライバーショットが気持ち良く打てないというか、そこでスコアを、まあスコアを崩したのはショートゲームだったけど、ちょっと苦しいところだった」という流れ。ボギーが先行し、前半はイーブンパー。予選通過ラインを下回る位置でハーフタンした。

18番ではラフからのショットの際に左手首を痛め、後半に入りテーピングをするシーンもあったが、その後半では2バーディ。終盤の6番ではカラーから4メートルを沈めて、「後半伸ばせてよかった」と予選通過を確実にした。

痛みについては「ありますね」と、以前も痛めた部位だけに気になるところだが、「またこの後にケアをして、いい状態であしたを迎えたいと思います」とした。

そんなアクシデントもありながらのラウンドで、粘りの予選通過。「パッティングがよければ伸びると思っていたし、最後2ついいパットが入ってくれたので、そこは良かったと思う」と、今年に入ってから試行錯誤が続くグリーン上でのパフォーマンスには好感触だ。

「通る、通らないではだいぶ差があると思うので1打でもいいプレーができるようにしたい」。首位との差は10打だが、「頑張って、4~5打縮められれば、おもしろい位置になるんじゃないかなと思う」と見据えたムービングデー。前週に続き上位争いに食い込んで、最終日を迎えたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ