アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード

米国男子

松山英樹が苦戦した左へのミス 一時5オーバーに「よく止まったな」

松山英樹は初日苦しんだ アーノルド・パーマー招待(2021)(初日) 写真・GettyImages
松山英樹は初日苦しんだ アーノルド・パーマー招待(2021)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T ローリー・マキロイ -6 -6
1T コリー コナーズ -6 -6
3 ブライソン・デシャンボー -5 -5
4T ジェイソン・コクラック -4 -4
4T アン ビョン フン -4 -4
4T セバスチャン ムニョス -4 -4
7T ビクトル ペレス -3 -3
7T マーティン・レアード -3 -3
7T ラント グリフィン -3 -3
7T リー・ウェストウッド -3 -3
<アーノルド・パーマー招待 初日◇4日◇ベイヒルC&L(米フロリダ州)◇7466ヤード・パー72>

上位争いから最終日に崩れた前週の戦いから挽回が期待された松山英樹だったが、「アーノルド・パーマー招待」初日はなんとも苦しい結果となった。4バーディを奪うも5ボギーにダブルボギーが一つ。「75」の3オーバー・87位タイのスタートとなった。

出だしの1番から苦戦。ティショットが左のOB際まで飛ぶとこのホールをボギー。続く2番では3パットボギー。4番でもティショットから左ラフを渡り歩きボギー。6番ではこれまたティショットを左で池に打ち込み、ダブルボギーを喫した。

6ホールを終えて5オーバーの最悪の滑り出しに、「5オーバーまで行ったけど、よく5オーバーまでで止まったなって感じで回っていた」と、厳しい出だしを振り返った。

ショットの感触は悪くなかったはずとした松山だが、「1番、4番でミスして、そこからちょっと分からなくなった」。そんななかでも、8番でバーディを奪い返すと、後半はバーディ3つにボギーが2つ。決して満足の結果ではないが、なんとか持ち直した。

感覚と結果の違いに戸惑いを見せるが、「ちょっとしたことだと思う」と前を向く。いつものとおり、「時間はあるので、いい状態にできるようにしたいなと思います」と練習へ。「トータルアンダーパーまで持って行けるように」と、2日目はビッグスコアを目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ