プエルトリコオープン

米国男子

メジャー「62」の記録保持者、ブランデン・グレイスが優勝 小平智は49位T

ブランデン・グレイスが5年ぶりの米ツアーV プエルトリコ・オープン(2021)(最終日) 写真・GettyImages
ブランデン・グレイスが5年ぶりの米ツアーV プエルトリコ・オープン(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブランデン・グレース -6 -19
2 ジョナサン・ベガス -7 -18
3T ラファエル カンポス -2 -16
3T グレイソン・マレー -2 -16
5T アンドリュー・パットナム -3 -15
5T ブライス・ガーネット -7 -15
7T キャメロン・パーシー -1 -14
7T ブランドン ウ -2 -14
7T テド ポッター Jr -3 -14
7T ロブ オッペンハイム -5 -14
<プエルトリコ・オープン 最終日◇28日◇グランド・リザーブCC(プエルトリコ)◇7506ヤード・パー72>

世界ゴルフ選手権シリーズの裏で開催されている米国男子ツアーの「プエルトリコ・オープン」最終日。首位と1打差から出たブランデン・グレイス(南アフリカ)が6つ伸ばしトータル19アンダーで逆転。2016年の「RBCヘリテイジ」以来の米ツアー2勝目を挙げた。

終盤の17番パー4で2打目入れてイーグル。最終ホールもバーディとしたグレイス。17年の「全英オープン」3日目に「62」を叩き出して海外メジャー最少ストロークの記録を持っており、爆発力を証明してみせた。

1打差の2位にジョナサン・ベガス(ベネズエラ)。首位タイ発進で地元のラファエル・カンポス(プエルトリコ)はトータル16アンダーの4位に終わった。

32位タイから出た小平智は3バーディ・3ボギーの「72」で回り、トータル5アンダーの49位タイで大会を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング