WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション

米国男子

コリン・モリカワがツアー4勝目 松山英樹は崩れ15位T、稲森佑貴は48位T

コリン・モリカワが逃げ切りで米ツアー4勝目 WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション(2021)(最終日) 写真・GettyImages
コリン・モリカワが逃げ切りで米ツアー4勝目 WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 コリン・モリカワ -3 -18
2T Viktor Hovland -5 -15
2T ブルックス・ケプカ -2 -15
2T ビリー・ホーシェル -2 -15
5 Scottie Scheffler -4 -14
6T ルイ・ウーストヘーゼン -3 -12
6T ローリー・マキロイ -1 -12
6T ウェブ・シンプソン E -12
9T ジェイソン・コクラック -3 -11
9T パトリック・リード E -11
<WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション 最終日◇28日◇コンセッション・ゴルフ・クラブ(米フロリダ州)◇7564ヤード・パー72>

世界ゴルフ選手権シリーズ今季初戦の最終日。首位からスタートしたコリン・モリカワ(米国)がトータル18アンダーまで伸ばし、今季初優勝。昨年8月の「全米プロゴルフ選手権」以来のツアー4勝目を飾った。

3打差の2位タイにブルックス・ケプカ、ビリー・ホーシェル(ともに米国)、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)が入った。

首位と5打差からスタートした松山英樹は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「74」と崩れ、トータル8アンダーの15位タイ。稲森佑貴は「78」のラウンドでトータル3オーバーの48位タイでフィニッシュした。

ローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル12アンダーの6位タイ。ジャスティン・トーマス(米国)は松山と同じトータル8アンダーの15位タイ。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)はトータル5オーバーの54位タイに沈んだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・世界一の飛距離に「飲み込まれた」 稲森佑貴は持ち味生かせず終戦 帰国後は陸路で東京-鹿児島
・「サンデー・レッド」の祈り、ウッズの声【舩越園子コラム】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ