WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション

米国男子

松山英樹は「68」、5差7位Tに浮上 首位にコリン・モリカワ、稲森佑貴は28位T

松山英樹は首位と5打差で最終日へ WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション(2021)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹は首位と5打差で最終日へ WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション(2021)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 コリン・モリカワ -5 -15
2T ビリー・ホーシェル -3 -13
2T ブルックス・ケプカ -2 -13
4 ウェブ・シンプソン -3 -12
5T ローリー・マキロイ -6 -11
5T パトリック・リード -3 -11
7T Viktor Hovland -6 -10
7T Scottie Scheffler -5 -10
7T 松山 英樹 -4 -10
7T マシュー・フィッツパトリック -1 -10
<WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション 3日目◇27日◇コンセッション・ゴルフ・クラブ(米フロリダ州)◇7564ヤード・パー72>

世界ゴルフ選手権シリーズ今季初戦の3日目。W日目を「66」としてスコアを伸ばした松山英樹はこの日もバーディを重ね、6バーディ・2ボギーの「68」で回り、トータル10アンダー・7位タイまで浮上した。

1番スタートをバーディ発進とすると、前半は1つ延ばすにとどまった。後半は4つのバーディを奪ったが最終ホールでボギー。それでも首位とは5打差の位置で最終日に向かう。

前日「68」のラウンドを見せた稲森佑貴は3バーディ・3ボギーの「72」で回り、トータル3アンダーのままでホールアウトした。

トータル15アンダーの単独首位にはコリン・モリカワ(米国)。2打差の2位タイにブルックス・ケプカ、ビリー・ホーシェル(ともに米国)。ウェブ・シンプソン(米国)がトータル12アンダーで4位につける。

ローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル11アンダーの5位タイ。ダスティン・ジョンソン(米国)はトータル1アンダーで42位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・タイガー最終日の定番“赤黒ウェア” 回復を祈ってマキロイ、リードらが着用宣言

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ