ジェネシス招待

米国男子

強風中断で順延 S・バーンズが暫定首位、DJは3差暫定3位T

米ツアー初優勝を目指すサム・バーンズが暫定首位 ジェネシス招待(2021)(3日目) 写真・Getty Images
米ツアー初優勝を目指すサム・バーンズが暫定首位 ジェネシス招待(2021)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Sam Burns +2 -10
2 マシュー・フィッツパトリック -3 -8
3T Wyndham Clark -1 -7
3T ダスティン・ジョンソン E -7
3T マックス・ホーマ -1 -7
6 パトリック・カントレー -1 -6
7T マット・ジョーンズ -2 -5
7T Talor Gooch -2 -5
7T トニー・フィナウ -1 -5
7T アレックス・ノレン E -5
<ジェネシス招待 3日目◇20日◇リビエラカントリークラブ(米カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

米国男子ツアーの「ジェネシス招待」3日目。強風のため、最終組のスタート直前に競技が中断。約4時間後の現地時間午後2時2分に再開。そのため、全選手がホールアウトできずに、第3ラウンドは日曜日に順延となった。

首位からでたサム・バーンズ(米国)がスコアを二つ落としながらも13ホールを終えてトータル10アンダーで暫定首位をキープ。2打差の暫定2位にマシュー・フィッツパトリック(イングランド)、ダスティン・ジョンソン(米国)ら3人がトータル7アンダーの暫定3位タイにつけている。

トータル6アンダーの暫定6位にパトリック・キャントレー(米国)。トニー・フィナウ(米国)ら5人がトータル5アンダーで並んでいる。

4年ぶりの優勝を狙うジョーダン・スピース(米国)はトータル4アンダーの暫定12位タイ。前年大会覇者のアダム・スコット(オーストラリア)はトータル4オーバーの暫定58位タイ。松山英樹はすでに予選落ちで、決勝ラウンド進出を逃している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング