AT&Tペブルビーチプロアマ

米国男子

ミケルソンがペブルビーチで『80』 18番で2度海に落とし自己ワーストタイで予選落ち

フィル・ミケルソンが『80』の大叩きで予選落ち… AT&Tペブルビーチプロアマ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
フィル・ミケルソンが『80』の大叩きで予選落ち… AT&Tペブルビーチプロアマ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
<AT&Tペブルビーチプロアマ 2日目日◇12日◇ペブルビーチGL(7051ヤード・パー72)、スパイグラスヒルGC(7041ヤード・パー72)◇米カリフォルニア州>

過去に5度の勝利を収めたペブルビーチゴルフリンクス。ところがこの日のフィル・ミケルソン(米国)は得意コースでもまったく勢いに乗れなかった。

2オーバーからスタートし6番パー5で6メートルを沈めてバーディが先行。7、8番で連続ボギーとしたが、10番パー4ではチップインバーディで取り戻した。浮上を目指したが、上がりの5ホールでまさかの8オーバー。予選通過には11打及ばなかった。

14番パー5はティショットを右OBでダブルボギー。15、16番もティショットを曲げて連続ボギー。18番パー5はティショットをフェアウェイに打ったが、残り265ヤードから3番ウッドの2打目は大きく左にそれて海。ドロップして放った176ヤードの4打目も海に落とした。

6打目はグリーン左のバンカー、7打目でようやく4メートルに乗せたがこれが入らず…クワドラプルボギー。ミケルソンは同伴競技者のポール・ケーシー(イングランド)に「ポール…(スコアは)9だ…。パー5で玉砕した…」とつぶやいた。

米ツアー44勝のミケルソン。ツアー優勝は2年前、今大会で勝利したのが最後だが、昨年も3位に入るなどミケルソンの中でも得意大会の一つだった。次戦の「ジェネシス招待」(18日開幕)には出場しない。(文・武川玲子=米国在住)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ