AT&Tペブルビーチプロアマ

米国男子

4年ぶりV目指すジョーダン・スピースが首位浮上 小平智は1打及ばず予選落ち

ジョーダン・スピースが単独首位に浮上 AT&Tペブルビーチプロアマ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
ジョーダン・スピースが単独首位に浮上 AT&Tペブルビーチプロアマ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
<AT&Tペブルビーチプロアマ 2日目日◇12日◇ペブルビーチGL(7051ヤード・パー72)、スパイグラスヒルGC(7041ヤード・パー72)◇米カリフォルニア州>

米国男子ツアーの「AT&Tペブルビーチプロアマ」2日目。2017年大会覇者のジョーダン・スピース(米国)が5つスコアを伸ばし、トータル12アンダーで単独トップに立った。

前週の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」では3日目に首位タイに躍り出たスピース。4年ぶりの復活優勝に期待がかかったが4位タイに終わった。相性のいい本大会で復活優勝を目指す。

1打差のトータル11アンダー・2位にダニエル・バーガー(米国)、さらに1打差の3位にヘンリック・ノーランダー(スウェーデン)。初日「62」をマークして首位に立ったパトリック・キャントレー(米国)は一つ落としトータル9アンダーでポール・ケーシー(イングランド)らとともに4位タイにつけている。

日本勢でただ1人参戦している小平智は4バーディ・2ボギーの「70」で回ったものの、初日の出遅れが響きトータルイーブンパーの68位タイ。1打及ばず予選落ちとなっている。

大会5勝を誇る50歳のフィル・ミケルソン(米国)は「80」を叩きトータル10オーバー・151位。2日間で姿を消した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ