ウェイストマネージメントフェニックスオープン

米国男子

松山英樹は「69」で浮上も苦悩 「結果が出ない以上はよくない」

松山英樹はやや足踏みのラウンド ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2021)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹はやや足踏みのラウンド ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2021)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T ジョーダン・スピース -10 -18
1T ザンダー・シャウフェレ -6 -18
3T Scottie Scheffler -5 -15
3T 李 京勲 -5 -15
5T ルイ・ウーストヘーゼン -8 -14
5T ジャスティン・トーマス -7 -14
7T ジェームズ・ハーン -5 -13
7T ブルックス・ケプカ -5 -13
7T スティーブ・ストリッカー -2 -13
10T Will Zalatoris -7 -12
<ウェイストマネージメントフェニックスオープン 3日目◇6日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261ヤード・パー71>

大会3日目の爆発もならず4バーディ・2ボギーの「69」、トータル6アンダーの36位タイで最終日に向かう松山英樹は、この日も不満の残るラウンドとなった。

10番スタートでいきなりボギー。その後は2バーディ・1ボギーで前半をイーブンパーとすると、後半に入ると2バーディ。2つ伸ばすことに成功したが、首位とは12打差と大きく離されている。

「いいところも多少あったけれど、なかなか伸ばすことができなかった」。最高レベルのショット力は誰もが認めるところだが、グリーン上でのパフォーマンスが上がらない。「いまの現状がよくないというのが分かっているので、それを何とか…」と、答えを模索している最中だ。

グリーン上での苦戦が続いているが、いまは向き合う時間。この状況を打開するべくホールアウト後も練習。「いいキッカケが見つかればいいなと思っている」。2016、17年連覇の好相性大会で、少しでも浮上を目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智は5バーディ奪い36位T 新投入の1W好調で「景色が違う」
・17年全英以来の勝利へ J・スピースが“忍耐”でつかんだ「61」の快進撃
・4年ぶりV狙うJ・スピースと並んで首位 ザンダー・シャウフェレも2年ぶりの勝利を目指す

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング