ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

松山英樹は不満の1週間 次週の好相性大会にも「状態がよくないと好きな大会じゃなくなる」

松山英樹は内容に不満が残る1週間となった ファーマーズ・インシュランス・オープン(2021)(最終日) 写真・GettyImages
松山英樹は内容に不満が残る1週間となった ファーマーズ・インシュランス・オープン(2021)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 パトリック・リード -4 -14
2T トニー・フィナウ -3 -9
2T ヘンリック・.ノーランダー -3 -9
2T ライアン・パーマー -2 -9
2T ザンダー・シャウフェレ -3 -9
2T Viktor Hovland -1 -9
7T Will Zalatoris -1 -8
7T Lanto Griffin E -8
7T ジョン・ラーム E -8
10T ルーク・リスト -6 -7
<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終日◇31日◇トリーパインズGC サウスコース(米カリフォルニア州)◇7765ヤード・パー72>

最後までフラストレーションの溜まるプレーが続いた松山英樹。最終ラウンドは3バーディ・4ボギーの「73」とスコアを一つ落とし、トータル1オーバーの53位タイで浮上することはできなかった。

インスタートの松山は、13番でティショットを曲げてボギー。続く14番でもボギーと苦しい前半。バーディチャンスも少なく、終始苦しい展開が続いた。

18番パー5こそ2オンに成功しバーディを奪ったが、折り返した1番では再びラフに苦戦。ここでボギーを喫すると、その後は徐々に盛り返しバーディチャンスが増えるも5番で1メートルを外してボギー。6番でバーディ、8番パー3ではティショットを60センチにつけてバーディを決めたが、調子事態は上がっていないと嘆く。

第2ラウンドでは悪天候の中でも「68」をマークし復調の兆しを見せたが、残り3日間はすべてオーバーパー。2016、17年に連覇を果たしている次戦の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」に向けても、「状態がよくないと好きなコースじゃなくなる」と、まずは初日までの準備に注力する。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・四面楚歌でも「P・リードよ、胸を張れ」【舩越園子コラム】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング