ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

松山英樹は急浮上もショットに課題「1日経てば変わることもある」

松山英樹は「68」をマークし浮上 ファーマーズインシュランスオープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹は「68」をマークし浮上 ファーマーズインシュランスオープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Viktor Hovland -7 -9
2T ジョン・ラーム -5 -8
2T アダム・スコット -3 -8
2T トニー・フィナウ -5 -8
2T Lanto Griffin -2 -8
2T ライアン・パーマー -2 -8
2T パトリック・リード E -8
8T Will Gordon -2 -7
8T Robby Shelton -8 -7
8T ピーター・マルナティ -1 -7
<ファーマーズインシュランスオープン 2日目◇29日◇トリーパインズGC (米カリフォルニア州)◇サウスコース(7765ヤード・パー72)、ノースコース(7258ヤード・パー72)>

一時は強い雨と風に襲われた大会2日目。松山英樹は7バーディ・3ボギーの「68」で回り、トータル2アンダーの40位タイに浮上した。

スコアの出やすいノースコースを回った松山。まだ天候が穏やかだった前半7番までに3バーディを奪った。8番でボギーを喫したが、「ショットは全然よくなかったけど、前半の途中、7番くらいまでパッティングがよかったので、そこでスコアを3つ伸ばせたのは大きかったと思う」。1ピン以内の距離を沈めスコアを伸ばした。

折り返した10番でも3メートルを沈めると、11番ではチップインバーディ。13番ではティショットで右バンカーにつかまるもパーオンしたあとのロングパットが最後のひと転がりでカップに吸い込まれた。この時点でトータル3アンダーとしたが、「後半に入ってもショットは全然立て直せなかった」と話すとおり14番、18番でティショットのミスからボギーを叩いた。

フェアウェイキープが6ホール、パーオンが11ホールと松山がいうようにショット面では課題を残したが、苦戦が続いていたパッティングは改善傾向。決して満足のいく結果ではないなかでも、光が見えてきた。

あとは持ち味のショット力を取り戻し、ビッグスコアを待つばかり。「1日経てば全然変わることもあるし、何か思い出すこともあると思う。考えていないと出てこないと思うので、考えて過ごしたいなと思う」。決勝ラウンド前に頭をクリアにして、上位浮上を目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・コロナ感染の黒人選手、カメウ・ジョンソンがPGAツアー2大会に招待

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング