ソニーオープン・イン・ハワイ

米国男子

松山英樹が首位と3打差の7位浮上 金谷拓実、石川遼は予選落ち

松山英樹が一気に優勝戦線に浮上した ソニーオープン・イン・ハワイ(2021)(2日目) 写真・村上航
松山英樹が一気に優勝戦線に浮上した ソニーオープン・イン・ハワイ(2021)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

<ソニーオープン・イン・ハワイ 2日目◇15日◇ワイアラエCC(米ハワイ州)◇7044ヤード・パー70>

米国男子ツアーのハワイ2戦目は、2日目の競技が終了した。トップにはこの日「62」をマークし、トータル12アンダーまで伸ばしたニック・テイラー(カナダ)が立っている。2打差の2位タイにスチュワート・シンク、ウェブ・シンプソン、ラッセル・ヘンリー、ボーン・テイラー、クリス・カーク(いずれも米国)の5人が続いている。

トータル9アンダーの7位タイグループには、後半、米国でのハーフ自己ベストとなる「28」を記録した松山英樹が浮上。コリン ・モリカワ(米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)ら7人とともに、この位置からトップをうかがう。

この他の日本勢は「66」でトータル5アンダーに伸ばした小平智が46位タイ、2つ伸ばしてトータル4アンダーとした木下稜介が57位タイで予選を通過した。

金谷拓実は「67」でトータル3アンダーまで伸ばすも、74位タイでカットラインに1打及ばず予選落ち。石川遼と香妻陣一朗はトータル4オーバー・133位タイで決勝ラウンドに進むことはできなかった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・新年初戦は予選落ちも石川遼が示す自信 「もどかしいけど大丈夫」
・安定感抜群の小平智は課題の決勝Rへ 「予選通ればいつかは伸びる」
・初の米ツアーで予選通過  木下稜介が目標のトップ10へ「安全にいってる場合じゃない」
・予選落ちの金谷拓実は欧州2連戦へ「最初のステージだけやっても強くならない」【日本勢コメント集】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ