セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ

米国男子

H・イングリッシュが単独首位、C・モリカワら2位T 松山英樹は最下位

ハリス・イングリッシュが単独首位に立った セントリー トーナメント・オブ・チャンピオンズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
ハリス・イングリッシュが単独首位に立った セントリー トーナメント・オブ・チャンピオンズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<セントリー トーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目◇8日◇ザ・プランテーションC・アット・カパルア(米ハワイ州)◇7596ヤード・パー73>

好スコアが続出した大会2日目。この日6つスコアを伸ばしたハリス・イングリッシュ(米国)がトータル14アンダーまで伸ばし、単独首位に立った。

2打差の2位タイに前年覇者のジャスティン・トーマス、ダニエル・バーガー、コリン・モリカワ、ライアン・パーマー(いずれも米国)。トータル11アンダーの6位タイにザンダー・シャウフェレ、ブレンドン・トッド、パトリック・リード(いずれも米国)、イム・ソンジェ(韓国)が続く。

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー(ともに米国)、ジョン・ラーム(スペイン)らがトータル10アンダーの10位タイで並んでいる。

イーブンパーの37位タイからスタートした松山英樹は1バーディ・3ボギーで2つスコアを落とし、トータル2オーバーの最下位となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ウェブ・シンプソンもコロナ感染から復帰 2日目に「67」で浮上

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング