ザ・RSMクラシック

米国男子

ロバート・ストレブが単独首位をキープ メジャー覇者のZ・ジョンソンが3差追走

ロバート・ストレブが首位キープ ザ・RSMクラシック(2021)(2日目) 写真・Getty Images
ロバート・ストレブが首位キープ ザ・RSMクラシック(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ロバート・ストレブ -3 -17
2T ザック・ジョンソン -5 -14
2T Bronson Burgoon -3 -14
4 エミリアノ・グリオ -5 -13
5T ケビン・キスナー -4 -12
5T カイル・スタンリー -2 -12
5T カミロ・ビジェガス E -12
8T アンドリュー・ランドリー -5 -11
8T Matthew NeSmith -4 -11
8T パットン・キザー E -11
<ザ・RSMクラシック 2日目◇20日◇シーアイランド・リゾート(米国ジョージア州)◇シーサイドコース(7005ヤード・パー70)、プランテーションコース(7060ヤード・パー72)>

米国男子ツアーは3日目の競技が終了。ロバート・ストレブ(米国)がトータル17アンダーまで伸ばし、首位をキープした。

3打差の2位タイにメジャー覇者のザック・ジョンソンとツアー未勝利のブロンソン・バーグーン(ともに米国)が続く。

日本勢で唯一の出場となっていた小平智は予選ラウンド敗退となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ