ザ・RSMクラシック

米国男子

ロバート・ストレブがプレーオフ制しツアー2勝目 ケビン・キスナーが2位

ロバート・ストレブが大会2勝目を飾った ザ・RSMクラシック(2021)(最終日) 写真・GettyImages
ロバート・ストレブが大会2勝目を飾った ザ・RSMクラシック(2021)(最終日) 写真・GettyImages
<RSMクラシック 最終日◇22日◇シーアイランド・リゾート(米国ジョージア州)◇シーサイドコース(7005ヤード・パー70)、プランテーションコース(7060ヤード・パー72)>

米国男子ツアーは全日程が終了。トータル19アンダーの首位タイで並んだロバート・ストレブとケビン・キスナー(ともに米国)がプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪ったストレブが優勝。2014年の本大会に続くツアー2勝目を飾った。

2位にキスナー、トータル18アンダーの3位にキャメロン・トリンガル(米国)、トータル17アンダーの4位タイにアンドリュー・ランドリー(米国)、ベルント・ウィースバーガー(オーストリア)が入った。

トータル16アンダーの6位タイにザック・ジョンソン(米国)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)らが入った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ