ZOZOチャンピオンシップ・アット・シャーウッド

米国男子

小平智が14位タイに浮上、松山英樹は61位後退 単独首位にJ・トーマス

小平智が2日目も好ラウンド 上位争いを続けている ZOZOチャンピオンシップ・アット・シャーウッド(2021)(2日目) 写真・Getty Images
小平智が2日目も好ラウンド 上位争いを続けている ZOZOチャンピオンシップ・アット・シャーウッド(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジャスティン・トーマス -7 -14
2T ディラン・フリッテリ -7 -13
2T Lanto Griffin -7 -13
4T パトリック・カントレー -7 -12
4T Scottie Scheffler -7 -12
6T Abraham Ancer -6 -11
6T ハリス・イングリッシュ -5 -11
6T バッバ・ワトソン -9 -11
6T ティレル・ハットン -4 -11
6T パトリック・リード -9 -11
<ZOZOチャンピオンシップ・アット・シャーウッド 2日目◇23日◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073ヤード・パー72>

大会2日目は、伸ばしあいの展開となった。そのなかで「65」をマークし、トータル14アンダーまでスコアを伸ばしたジャスティン・トーマス(米国)が単独トップに浮上した。1打差の2位タイにラント・グリフィン(米国)、ディラン・フリッテリ(南アフリカ)が続く。

日本勢は8人が出場。小平智が2日目も、6バーディでボギーなしと好ラウンドを見せた。終盤の4連続バーディなどで「66」。トータルスコアを10アンダーまで伸ばし、初日の17位タイから14位タイへと順位を上げた。

この他は、金谷拓実が5つ伸ばしてトータル7アンダー・35位タイ、星野陸也が6アンダーで40位タイにつける。今平周吾も「64」と好スコアを出し、石川遼と並んで5アンダー・48位タイで3日目を迎える。

松山英樹は前半終了時点で2つ落とすなど苦しい立ち上がりとなったが、後半3バーディと立て直し。しかしトータル3アンダー・61位タイと順位を大きく落とした。堀川未来夢は4オーバー・73位タイ、関藤直熙は「80」を叩き7オーバー・77位タイでラウンドを終えた。

初日4オーバー・75位タイと出遅れた前年覇者のタイガー・ウッズ(米国)は「66」と6つ伸ばし2アンダー・66位タイと順位を少し上げた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹は上昇ならず「バーディがポツンポツンとしか出ない」
・石川遼、“新スタイル”ハマった 平均飛距離243ヤードでノーボギー「66」
・担当キャディはメジャー覇者の息子 金谷拓実もビックリ「そんなにすごい人やったんや…」
・「+3」から「-4」 パー5攻略のタイガー・ウッズ、来月のマスターズに向け仕上がり良好を強調

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ