ザ・CJカップ・アット・シャドークリーク

米国男子

荒れた前半からの修正は「収穫」 松山英樹はマスターズ見据え「優勝を争えるところまでいくことが大事」

来月のマスターズも見据え松山英樹が課題修正に臨む ザ・CJカップ・アット・シャドークリーク(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘
来月のマスターズも見据え松山英樹が課題修正に臨む ザ・CJカップ・アット・シャドークリーク(2021)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジェイソン・コクラック -8 -20
2 ザンダー・シャウフェレ -6 -18
3T ティレル・ハットン -7 -17
3T ラッセル・ヘンリー -2 -17
5 Talor Gooch -4 -16
6 Joaquin Niemann -6 -13
7T バッバ・ワトソン -4 -12
7T Lanto Griffin E -12
9 Sebastian Munoz -3 -11
10 ハリス・イングリッシュ -4 -10
<ザ・CJカップ@シャドークリーク 最終日◇18日◇シャドークリークGC(米ネバダ州)◇7527ヤード・パー72>

トップとの7打差を追いかけ、トータル8アンダーの10位タイからスタートした松山英樹だったが、ショットに苦しめられた前半に「40」を叩くなど伸ばせず。4バーディ・3ボギー・1トリプルボギーの「74」とし、トータル6アンダー・21位タイで大会を終えた。

3番でピン奥5mのパットを沈めバーディ先行。「ショット、パットともにスタートはそんなに悪くなかった」と首位追走の足がかりを作ったが、そこからプレーに乱れが生じた。5番パー3ではラフからのアプローチを1.5mに寄せるも、ここから2パットのボギー。さらに続く6番パー4で、大きくスコアをロスした。

ここでのティショットを左ラフに入れると、「ピンが狙える位置だったので狙った」というセカンドショットがさらに左に出てボールを見失った。1ペナを加え打ち直した4打目もグリーン右手前ラフと乗らず、結局ここを5オン2パットのトリプルボギーとしてしまった。「ダボで収めておけば。前のホールのボギーもそうですけど、少しずつ悪い方向、悪い方向に行ってしまった」。“潮目”が変わる2ホールには悔いも残る。

その後の7番はバーディとしたものの、さらに8、9番で連続ボギーを叩くが、後半に入ると徐々に持ち直していった。11番、そして最終18番でバーディを奪い、2つ戻してホールアウト。「最近は悪くなり始めたら、それがずっと続いていたけれど、きょうは最後にティショットだけでも戻せたのは収穫かなと思います」。フェアウェイキープは14ホール中5ホールにとどまったが、それでも修正しながらラウンドを進められたことの意味は大きかった。

11月には12日開幕のメジャー大会「マスターズ」が待っている。今後の課題については、「自分自身への期待が大きくなった時にうまくかみ合わない。練習なのか、自信の部分なのか、そこをもう少し考えて、自分の期待に応えられるように頑張りたい」と、ここから自らと向き合いながら明らかにしていく。「勝ちたいのはもちろんですけど、まず優勝を争えるところまでいくことが大事。まだまだそのレベルには達していない」。メジャー制覇を意識できる“レベル”に到達するための何かを、さらに模索していく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ