サンダーソンファームズ選手権

米国男子

小平智は通算7オーバーで予選落ち 11年全米プロ覇者、K・ブラッドリーが単独首位に浮上

小平自身のシーズン開幕戦は予選落ちに終わった サンダーソンファームズ選手権(2021)(2日目) 写真・Getty Images
小平自身のシーズン開幕戦は予選落ちに終わった サンダーソンファームズ選手権(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キーガン・ブラッドリー -7 -13
2T J.T. Poston -5 -11
2T チャーリー・ホフマン -3 -11
4 MJ Daffue -3 -10
5 Denny McCarthy -5 -9
5 Kristoffer Ventura -4 -9
7T ケビン・チャペル E -8
7T セルヒオ・ガルシア -4 -8
7T アニルバン・ラヒリ -2 -8
7T ブラント・スネデカー -6 -8
<サンダーソンファームズ選手権 2日目◇2日◇カントリークラブ・オブ・ジャクソン(ミシシッピ州)◇7461ヤード・パー72>

米国男子ツアー2020-21年シーズンの4戦目「サンダーソンファームズ選手権」の第2ラウンドが終了した。約7カ月ぶりの米ツアー復帰となった小平智は、5バーディを奪ったものの、8ボギー・1ダブルボギーを叩いて「77」でホールアウト。トータル7オーバー・140位タイで、カットラインに10打及ばず予選落ちした。

予選2日間を終えて単独首位に立ったのは、11年全米プロ覇者のキーガン・ブラッドリー(米国)。8バーディ・1ボギーの「65」のラウンドで、トータル13アンダーまでスコアを伸ばした。ブラッドリーから2打差のトータル11アンダー・2位タイにはJ.T.ポストンとチャーリー・ホフマン(ともに米国)が続いている。

セルヒオ・ガルシア(スペイン)は連日「68」のラウンドで、トータル8アンダー・7位タイの好位置。前年覇者のセバスチャン・ムニョス(コロンビア)はトータル7アンダー・12位タイにつけている。PGAの公式サイトで優勝予想1位に挙げられたスコッティ・シェフラー(米国)は、「67」とスコアを5つ伸ばし、トータル4アンダー・35位タイで予選を通過した。

なお、松山英樹は今大会に出場していない。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ