セーフウェイオープン

米国男子

S・バーンズが単独首位浮上 ミケルソン、フューリクは34位で決勝へ

サム・バーンズがバーディ合戦で一歩リード セーフウェイオープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images
サム・バーンズがバーディ合戦で一歩リード セーフウェイオープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Sam Burns -7 -15
2 Harry Higgs -10 -13
3T キャメロン・パーシー -4 -12
3T ラッセル・ノックス -3 -12
3T D・J・トレイハン -7 -12
6T ジェームズ・ハーン -7 -11
6T Doug Ghim -6 -11
8T パット・ペレス -3 -10
8T Rob Oppenheim -6 -10
8T トム・ホージュ -4 -10
<セーフウェイオープン 2日目◇11日◇シルバラードCC ノース・コース(米カリフォルニア州)◇7203ヤード・パー72>

米国男子ツアーの2020-21シーズン開幕戦「セーフウェイオープン」の第2ラウンドが終了。24歳のサム・バーンズ(米国)が9バーディ・1ダブルボギーの「65」をマークし、トータル15アンダー・単独首位に躍り出ている。

2打差の単独2位にハリー・ヒッグス(米国)。3打差3位タイにラッセル・ノックス(スコットランド)、D.J.トラハン(米国)、キャメロン・パーシー(オーストラリア)が続いた。

ともに8月のシニアツアーデビュー戦で優勝を果たしたジム・フューリクとフィル・ミケルソン(ともに米国)のベテラン二人は、それぞれ「66」、「67」の好スコアをマーク。トータル6アンダー・34位タイで決勝ラウンドにコマを進めた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ