ツアー選手権

米国男子

D・ジョンソンが苦しみながら首位キープ、イム・ソンジェ2位浮上 松山英樹は「70」で9打差

首位を守ったダスティン・ジョンソン、初の年間王者へあと2日 ツアー選手権(2020)(2日目) 写真・Getty Images
首位を守ったダスティン・ジョンソン、初の年間王者へあと2日 ツアー選手権(2020)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ダスティン・ジョンソン E -13
2 Sungjae Im -6 -12
3 ザンダー・シャウフェレ -5 -11
4 ジャスティン・トーマス +1 -10
5T コリン・モリカワ -5 -9
5T ティレル・ハットン -4 -9
5T ジョン・ラーム +4 -9
8T ブレンドン・トッド -2 -8
8T ローリー・マキロイ +1 -8
10 Sebastian Munoz -5 -7
<ツアー選手権 2日目◇5日◇イーストレイクGC(米国ジョージア州)◇7319ヤード・パー70>

米国男子ツアーの今季最終戦「ツアー選手権」2日目。初日を終えて首位タイに並んだダスティン・ジョンソン(米国)とジョン・ラーム(スペイン)だったが、2日目はともに後半で苦しんだ。

世界ランキング1位、フェデックスカップ・ポイントランキング1位で大会に入ったジョンソンはバーディが先行したが、後半は苦戦し4バーディ・4ボギーの「70」でホールアウト。それでもトータル13アンダーで首位を守り第2ラウンドを終えた。

ラームは前半をイーブンパーで回ると、後半に入り乱調。15番パー3ではティショットを池に打ち込みダブルボギー。バックナインだけで4つ落とし、「74」でホールアウト。トータル9アンダーの5位タイで残り2日に入る。

この日スコアを大きく伸ばしたのがイム・ソンジェ(韓国)。初日を2アンダーにまとめると、この日は後半だけで4つ伸ばすなど7バーディ・1ボギーの「64」でラウンド。トータル12アンダー・2位に浮上した。

ザンダー・シャウフェレ(米国)がトータル11アンダーの3位。ジャスティン・トーマス(米国)はトータル10アンダー・4位。コリン・モリカワ(米国)、タイレル・ハットン(イングランド)がラームと同じトータル9アンダーの5位タイにつけている。

首位と9打差からスタートした松山英樹は3バーディ・3ボギーの「70」とこの日もスコアを伸ばせず、トータル4アンダーの17位タイ。昨年大会を制して年間王者となったローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル8アンダーの8位タイとなっている。

本大会を制した者が年間王者となり、約16億円のボーナスを獲得。残り2日間も熱戦が繰り広げられる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・16億円ボーナスに向け5打差9人 ツアー選手権は大混戦で残り2日へ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ