ザ・ノーザントラスト

米国男子

D・ジョンソンが「60」の大爆発で単独首位に 松山英樹はカットラインギリギリで決勝ラウンドへ

一日で一気にスコアを11つ伸ばし、単独トップに立ったダスティン・ジョンソン ザ・ノーザントラスト(2020)(2日目) 写真・Getty Images
一日で一気にスコアを11つ伸ばし、単独トップに立ったダスティン・ジョンソン ザ・ノーザントラスト(2020)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ダスティン・ジョンソン -11 -15
2 Scottie Scheffler -12 -13
2 Cameron Davis -6 -13
4T ダニー・リー -7 -12
4T ハリス・イングリッシュ -5 -12
4T ルイ・ウーストヘーゼン -6 -12
7T ケビン・キスナー -5 -11
7T ラッセル・ヘンリー -4 -11
9T キム・シウ -7 -10
9T Matthew Wolff -4 -10
<ザ・ノーザントラスト 2日目◇21日◇TPCボストン(米マサチューセッツ州)◇7308ヤード・パー71>

米国男子ツアー、プレーオフシリーズの第1戦「ザ・ノーザントラスト」の2日目の競技が終了。ダスティン・ジョンソン(米国)は出だしの1番からバーディ、イーグル、バーディ、イーグル、バーディと、5ホールで7つ伸ばすロケットスタートを決めると、その後も5つのバーディを奪って、「60」の大爆発でトーナメントリーダーに躍り出た。

トータル15アンダーのジョンソンと2打差の2位タイに浮上したのは、昨シーズンの米下部コーン・フェリーツアー賞金王、24歳のスコッティ・シェフラー(米国)。ジョンソンのスコアの上回る12バーディ、ボギーなしの「59」のラウンドでトータル13アンダーとして、72位タイから一気に70人を抜き去った。

ジョンソンとシェフラーといえば、2週前の「全米プロゴルフ選手権」の最終日最終組で一緒に回った2人。最終的にジョンソンは2位タイ、シェフラーは4位タイに終わり、コリン・モリカワ(米国)に主役の座を奪われている。明日の3日目は、再びジョンソンとシェフラーのペアリングで回ることになった。

シェフラーと同じトータル13アンダー・2位タイには、首位タイからスタートしたキャメロン・デービス(オーストラリア)。トータル12アンダー・4位タイにはダニー・リー(オーストラリア)とハリス・イングリッシュ(米国)、予選2日間ノーボギーの「65」、「65」と好調のルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)がつけている。

松山英樹はこの日スコアを2つ伸ばしてトータル3アンダー・58位タイ。カットラインギリギリで決勝ラウンドに進んでいる。タイガー・ウッズ(米国)とローリー・マキロイ(北アイルランド)も松山と同じトータル3アンダーでなんとか予選を通過し、週末を迎える。

全米プロ覇者のモリカワは、「72」とスコアを落とし、トータル1オーバーでキャリア2度目の予選落ち。それでも3勝を挙げている勝利数よりはまだ少ない。平均飛距離320ヤード超えの飛ばし屋、ブライソン・デシャンボーもトータルイーブンで予選落ちしている。

また、フェデックスカップランキング67位のフィル・ミケルソン、同100位のジョーダン・スピース(ともに米国)は、この試合に予選落ちしたことで、ポイントランキング70位以内に出場権が与えられる「BMW選手権」へ進めず、プレーオフシリーズから姿を消すことになった。一方、同109位のジャスティン・ローズ(イングランド)は、最終ホールをバーディとして、トータル3アンダーで予選を通過。次週へ首の皮一枚つながった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「60」を出したのに悔しい? D・ジョンソン「59は意識していたけど、60で残念なことはない」
・予選落ちでシーズン終了のフィル・ミケルソン、3日後にシニアデビュー!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ