全米オープン

米国男子

“神業チップイン”も魅せた! 松山英樹が「本領を発揮した」難コースで優勝も狙える位置に浮上

松山英樹が上位で決勝ラウンドに向かっていく 全米オープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹が上位で決勝ラウンドに向かっていく 全米オープン(2021)(2日目) 写真・Getty Images
<全米オープン 2日目◇18日◇ウィングド・フットGC(米国ニューヨーク州)◇7477ヤード・パー70>

『優勝スコアがオーバーパーになる』という戦前の予想通り、強い風が吹き、前日と比べてフェアウェイ、グリーンが格段に硬い状態となった難関コースに多くの選手が苦しめられた。そのなかで松山英樹は3バーディ・2ボギーの「69」をマーク。トータルイーブンパーにスコアを戻し、首位と4打差の好位置で決勝ラウンドに向かっていく。

10番からスタートすると、序盤からティショットが、しっかりとフェアウェイをとらえる。12番パー5での1.5mのバーディパットなど、チャンスも作った。しかし、それがわずかに外れガマンの連続。「とてもいいプレーができたけど、パッティングがあまり良くなかったのでそこは反省」と、松山自身もグリーン上を課題に挙げた。

「(前日までとは)比較にならない(ほど難しくなった)。グリーンコンディションもタフになって、このコースが本領を発揮した」。松山は2日目のコースについてこう語った。そんななかパーでしのいできたが、18番でついにボギーを喫してしまった。だが直後の1番で、そんな流れを変えるような“神業チップイン”が生まれた。

ファーストカットからのセカンドショットは、グリーンをとらえきれずピン左手前15ヤードほどのカラーに落ちた。ここで「パターかウェッジかで迷った」という松山は、あまり調子がよくないと感じたパターではなくウェッジを選択した。

このアプローチは一度はカップを大きく越えたが、これは「練習ラウンドであそこは戻ってくるのが分かっていた」と作戦通り。ボールはピン奥で一度止まると、傾斜をコロコロ転がりながらカップに向かい、そのまま吸い込まれた。これには松山も「なかなかないバーディ。うれしかったですね」と両手をあげてガッツポーズ。同伴競技者のパトリック・リードとジョーダン・スピース(ともに米国)も、笑顔でこの妙技が成功するところを見届けた。

ここ以外でもアプローチが冴え、ピンチを切り抜ける場面が多かった。そしてしっかりとパーをセーブし、それを上がり2ホールの連続バーディにつなげていった。「グリーンが乾いてきて、そこは神経を使った」。これが、この日わずか3人しかいなかったアンダーパーラウンド実現には不可欠だった。

「ティショットと、グリーンをヒットすることが大事になる。そこをしっかりやれば上位に入れると思う」。少しでも油断すると、一気にスコアを落とすことになる難関コースを前に、ムービングデーも慎重にその歩みを進めていく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・7年ぶりのメジャー予選通過 石川遼、隣のホールからパーセーブで週末行き決定!
・「力不足、もっと練習しないと」 アマ世界一の金谷拓実は1打足りずに予選落ち
・「予選通過できずに苦しかった」 今平周吾が初の海外メジャー決勝ラウンド進出
・タイガーチャージならず ウッズは10オーバーの予選落ち、次戦はZOZOを予定

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ