ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide

米国男子

タイガー・ウッズ、5カ月ぶり復帰戦は40位タイ グリーン上苦戦もショットに手応えでいざメジャーへ

いざ、全米プロへ ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2020)(最終日) 写真・Getty Images
いざ、全米プロへ ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2020)(最終日) 写真・Getty Images
<メモリアル・トーナメント 最終日◇19日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(オハイオ州)◇7456ヤード・パー72>

米国男子ツアー「メモリアル・トーナメント」は全日程が終了。ツアー再開後、今大会で5カ月ぶりに戻ってきたタイガー・ウッズ(米国)は、3バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの「76」とスコアを大きく落としてトータル6オーバーの40位タイで大会を終えた。

4日間を終えて「また、こうして再びプレーできた。最初の試合というのはとてもタフで難しい。でも、試合の流れやリズムを感じられたのは良かった」と振り返る。「ブランクもあってグリーン上のスピードにアジャストできなかった」とパッティングに苦しんだと話した。

この日は中断中に大会ホストのジャック・ニクラスが、新型コロナウイルスに感染したことをカミングアウトした。これについては「彼らがそれを乗り越え、安全でここで健康であるという事実はすべて朗報。彼らが健康であるという事実は、ポジティブなことに他ならない」と話した。

今後は次週の「3Mオープン」にエントリーせず、翌週の「WGCフェデックス・セントジュード招待」もプレーしないとみられている。今季海外メジャー初戦まで4ラウンドしかこなしていないことを聞かれると「もう少しパッティングを調整する必要がある。ただ、スイングに関しては良い感じだった。金曜日に少し崩れたけど、最初の試合としては全体的に非常に前向きなものだ」と話したウッズ。ここから大舞台に向けてさらにギアを上げていく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ