ロケット・モーゲージクラシック

米国男子

松山英樹は「68」で決勝ラウンドへ W・シンプソン、C・カークが首位T

からくも予選突破を決めた松山英樹 ロケットモーゲージクラシック(2020)(2日目) 写真・Getty Images
からくも予選突破を決めた松山英樹 ロケットモーゲージクラシック(2020)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T クリス・カーク -7 -12
1T ウェブ・シンプソン -8 -12
3T Seamus Power -6 -11
3T Matthew Wolff -8 -11
3T ブライソン・デシャンボー -5 -11
3T マーク・ハバード -6 -11
3T ライアン・アーマー -8 -11
3T Richy Werenski -6 -11
9T ケビン・キスナー -3 -10
9T Sepp Straka -6 -10
<ロケットモーゲージクラシック 2日目◇3日◇デトロイトGC(米ミシガン州)◇7340ヤード・パー72>

米国男子ツアーの「ロケットモーゲージクラシック」2日目。87位タイから出た松山英樹は6バーディ・2ボギーの「68」で回り、トータル5アンダー・55位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

10番から出た松山は前半をボギーなしの3バーディで折り返すと、後半は連続ボギーが先行。それでも3バーディを奪い、スコアを4つ伸ばしホールアウト。予選カットラインギリギリで週末プレーの権利を得た。

トータル12アンダーの首位にはウェブ・シンプソンとクリス・カーク(ともに米国)。トータル11アンダーの3位タイにブライソン・デシャンボー、マシュー・ウルフ(ともに米国)ら6人。トータル10アンダーの9位タイにケビン・キスナー(米国)らがつける。

コロナ陽性判定を受けながらその後のテストは陰性で今週復帰を果たしたキャメロン・チャンプ(米国)はトータル7アンダーの30位タイとした。

なお、タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン(ともに米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)らは出場していない。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ