チャールズ・シュワブチャレンジ

米国男子

3カ月ぶりの米男子はPOのすえD・バーガーが優勝 次戦は松山英樹が出場を予定

再開初戦でD・バーガーがツアー3勝目を手にした チャールズ・シュワブ・チャレンジ(最終日) 写真:GettyImages
再開初戦でD・バーガーがツアー3勝目を手にした チャールズ・シュワブ・チャレンジ(最終日) 写真:GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ダニエル・バーガー -4 -15
2 Collin Morikawa -3 -15
3T ジェイソン・コクラック -6 -14
3T ブライソン・デシャンボー -4 -14
3T ジャスティン・ローズ -4 -14
3T ザンダー・シャウフェレ -1 -14
7T バッバ・ワトソン -5 -13
7T パトリック・リード -3 -13
9 ゲーリー・ウッドランド E -12
10T Sungjae Im -3 -11
<チャールズ・シュワブチャレンジ 最終日◇14日◇コロニアルCC(米テキサス州)◇7209ヤード・パー70>

新型コロナウイルスによる中断から、3カ月ぶりに再開した米国男子ツアー。その再開初戦となった「チャールズ・シュワブチャレンジ」が4日間の日程を終了した。

優勝の行方は、トータル15アンダーでホールアウトしたダニエル・バーガーとコリン ・モリカワ(ともに米国)とのプレーオフまでもつれることに。最後は17番(パー4)で行われたエクストララウンドの1ホール目をパーとしたバーガーが制し、2016、17年「フェデックス・セントジュード・クラシック」に続くツアー通算3勝目を挙げた。

3日目を終え首位に立っていたザンダー・シャウフェレ(米国)は、17番のボギーでトップから後退。ジェイソン・コクラック、ブライソン・デシャンボー(ともに米国)、ジャスティン・ローズ(イングランド)と並ぶトータル14アンダー・3位タイに終わった。

トータル13アンダーの7位タイにはバッバ・ワトソンとパトリック・リード(ともに米国)が続いた。この他、世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル6アンダー・32位タイだった。

なお今週行われる次戦「RBCヘリテージ」(18日開幕、米サウスカロライナ州)には、再開戦の出場を見送った松山英樹もエントリーしている。タイガー・ウッズ(米国)や、18年大会覇者の小平智の出場はなし。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ