マスターズ

米国男子

我慢のゴルフを一気に好転 松山英樹の流れを変えた難易度1位ホールでのバーディ

10番で夕暮れの2バーディへの流れを作った マスターズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
10番で夕暮れの2バーディへの流れを作った マスターズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Abraham Ancer -5 -9
1T キャメロン・スミス -4 -9
1T ジャスティン・トーマス -3 -9
1T ダスティン・ジョンソン -2 -9
1T ジョン・ラーム -6 -9
6T パトリック・カントレー -6 -8
6T Sungjae Im -2 -8
6T チェン・ツェン・パン -6 -8
6T 松山 英樹 -4 -8
6T パトリック・リード -4 -8
<マスターズ 2日目◇13日◇オーガスタナショナルGC(米国ジージア州)◇7475ヤード・パー72>

2日目も日没サスペンデッドとなった海外メジャーの「マスターズ」。日本の松山英樹もホールアウトできず3ホールを残したが、暫定ながら首位と1打差のトータル8アンダー・5位タイと好位置につけている。

この日4つ伸ばした松山だが、決して盤石の15ホールではなかった。2番でバーディを先行させながらも我慢の展開が続いた。2メートルを超すパーパットを残したピンチが2回、そして入れたい距離のバーディパットを外すこと2回。特に8番では1メートルもないバーディパットを決めることができず。どこで崩れてもおかしくない状況が続いていた。

そんな重たい雰囲気を吹き飛ばしたのが、折り返してすぐの10番だった。ティショットをフェアウェイの真ん中に置くと、ピンまで残り189ヤードの2打目をピン左手前2メートルにピタリ。このバーディで悪い流れを断ち切ると、次の11番で約2.7メートルのパーパットを沈めるなど要所を締めて15番までで2バーディ。一気にトップを射程圏に捉えた。

過去を振り返ってみれば、5位となった2015年の最終日も、7位に入った16年の最終日もともにこの10番でバーディを奪って流れを変えていた。15年はアーメンコーナーで3つ伸ばすなど後半に5つ伸ばして「66」を叩き出し、翌16年は2打差3位からスタートしながらダボなど前半で3つ落としながらも後半は2バーディでノーボギー。サンデーバックナインでの躍進は10番のバーディなしでは生まれなかった。

今年の第一ラウンドの10番ホールの難易度は1位(平均スコア4.250)と決して簡単なホールではない。そんなホールを得意としている松山。上位で迎えられそうな週末も、このホールに注目したい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・今平周吾が初のマスターズ予選通過へ パターでの17ヤードチップインで週末への切符つかむ
・26ホールの長丁場乗り越えて ベルンハルト・ランガーが63歳2カ月18日でマスターズ史上最年長予選突破
・「おいおい、75なんてどこから来たんだ?」 R・マキロイが『66』で予選落ち危機からカムバック

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ