マスターズ

米国男子

松山英樹は1差5位Tに浮上、今平周吾も予選突破濃厚、首位にD・ジョンソンら、大会は連日の順延

松山英樹は首位と1打差! マスターズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹は首位と1打差! マスターズ(2021)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Abraham Ancer -5 -9
1T キャメロン・スミス -4 -9
1T ジャスティン・トーマス -3 -9
1T ダスティン・ジョンソン -2 -9
1T ジョン・ラーム -6 -9
6T パトリック・カントレー -6 -8
6T Sungjae Im -2 -8
6T チェン・ツェン・パン -6 -8
6T 松山 英樹 -4 -8
6T パトリック・リード -4 -8
<マスターズ 2日目◇13日◇オーガスタナショナルGC(米国ジージア州)◇7475ヤード・パー72>

海外メジャーの「マスターズ」は順延となっていた第1ラウンドと第2ラウンドが行われたが、前日の遅れが響き、この日も日没順延。第2ラウンドは土曜日に持ち越された。

初日を「68」にまとめた松山英樹は、15ホールを終えた時点で4つ伸ばし、トータル8アンダー、首位と1打差の暫定5位タイとなっている。

トータル9アンダーの暫定首位タイにダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス(ともに米国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)が立っている。

松山と同じくトータル8アンダーの暫定5位タイにパトリック・キャントレー(米国)、イム・ソンジェ(韓国)、ジョン・ラーム(スペイン)。トータル7アンダーの暫定9位タイにジャスティン・ローズ(イングランド)らがつける。

フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ(ともに米国)はトータル5アンダーの暫定19位タイ。タイガー・ウッズ(米国)はトータル4アンダーの暫定22位タイとなっている。

ベルンハルト・ランガー(ドイツ)がローリー・マキロイ(北アイルランド)らとともにトータル3アンダーでフィニッシュ。63歳にして予選通過が確実な位置でホールアウト。今平周吾は第1ラウンドの残りを1アンダー、第2ラウンドを「70」とし、トータル2アンダー・暫定34位タイで決勝ラウンド進出を確実にしている。

予選通過は50位タイまで。第2ラウンドの残りは現地時間の土曜日朝7時半に再開。第3ラウンドは10時半開始の予定となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・今平周吾が初のマスターズ予選通過へ パターでの17ヤードチップインで週末への切符つかむ
・26ホールの長丁場乗り越えて ベルンハルト・ランガーが63歳2カ月18日でマスターズ史上最年長予選突破
・「おいおい、75なんてどこから来たんだ?」 R・マキロイが『66』で予選落ち危機からカムバック

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ