アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード

米国男子

アンダーパーはわずかに1人 「80」の松山英樹は53位Tに後退 単独首位にT・ハットン

53位タイと大きく後退した松山英樹 アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2020)(3日目) 写真・Getty Images
53位タイと大きく後退した松山英樹 アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード(2020)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ティレル・ハットン +1 -6
2T マーク・リーシュマン E -4
2T ローリー・マキロイ +1 -4
4T Christiaan Bezuidenhout +1 -3
4T Sungjae Im +2 -3
4T ダニー・リー +3 -3
4T ハリス・イングリッシュ +2 -3
8 康 晟訓 +6 -1
9T ブライソン・デシャンボー E E
9T マット・ジョーンズ +1 E
<アーノルド・パーマー招待 presented by マスターカード 3日目◇7日◇ベイヒルC&L(米フロリダ州)◇7454ヤード・パー72>

強い風が吹く中行われたムービングサタデーは、アンダーパーがわずか1人と、選手たちにとって厳しい一日となった。そのなかでトータル6アンダーとしたタイレル・ハットン(イングランド)が、単独トップに躍り出た。

2打差の2位タイには、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)が続いている。3打差の4位タイに、先週米ツアー初優勝を挙げたイム・ソンジェ(韓国)のほか、クリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ)、ハリス・イングリッシュ(米国)、ダニー・リー(ニュージーランド)。

トータル2アンダー・17位タイから出た松山英樹も、4バーディ・8ボギー・2ダブルボギーと苦しい一日に。2017年2月の「ジェネシス・オープン」2日目以来となる「80」を叩き、トータルスコアを6オーバーまで落とした。順位も53位タイと大きく後退するなか、残り1日に臨む。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ