WGC-メキシコ選手権

米国男子

パトリック・リードが終盤の3連続バーディでWGC2勝目! 松山英樹は6位T、石川遼は68位

WGC2勝目を挙げたリード WGC-メキシコ選手権(2020)(最終日) 写真・Getty Images
WGC2勝目を挙げたリード WGC-メキシコ選手権(2020)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 パトリック・リード -4 -18
2 ブライソン・デシャンボー -6 -17
3T ジョン・ラーム -4 -15
3T Erik van Rooyen -1 -15
5 ローリー・マキロイ -3 -14
6T 松山 英樹 -4 -13
6T ティレル・ハットン -3 -13
6T ジャスティン・トーマス +2 -13
9T ビリー・ホーシェル -6 -12
9T ケビン・ナ -3 -12
<WGC-メキシコ選手権 最終日◇22日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(メキシコ)◇7355ヤード・パー71>

世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-メキシコ選手権」は全競技が終了。6打差9位タイから出た松山英樹は後半で5バーディを奪うなど6バーディ・2ボギーとスコアを4つ伸ばし、トータル13アンダー・6位タイで4日間の戦いを終えた。

優勝したのは18年のマスターズ覇者パトリック・リード(米国)。中盤までブライソン・デシャンボー(米国)を追いかける展開となったが15番からの3連続バーディで一気に逆転。14年の「WGC-キャデラック選手権」以来、世界ゴルフ選手権シリーズ2勝目、米国ツアー8勝目を挙げた。

1打差の2位にはデシャンボー。3打差の3位タイにジョン・ラーム(スペイン)とエリック・ヴァン・ローエン(南アフリカ)。世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル14アンダーで5位に入った。

2017年8月の「ウィンダム選手権」以来、3年ぶりの北米大陸での戦いとなる石川遼は4バーディ・4ボギーの「71」でトータル12オーバーの68位。もう一人の日本勢・今平周吾は1バーディ・2ボギー・1トリプルボギーでトータル5オーバーの61位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本ゴルフ界のスター、石川遼がPGA TOUR 2度目の挑戦へ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ