ウェイストマネージメントフェニックスオープン

米国男子

トニー・フィナウが首位浮上 松山英樹は8バーディを奪い28位にジャンプアップ

トータル16アンダーのトニー・フィナウが単独首位に ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2020)(3日目) 写真・Getty Images
トータル16アンダーのトニー・フィナウが単独首位に ウェイストマネージメントフェニックスオープン(2020)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<ウェイストマネージメントフェニックスオープン 3日目◇1日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)・7261ヤード・パー71>

米国男子ツアー「ウェイストマネージメントフェニックスオープン」はムービングデーの競技が終了。松山英樹は8バーディを奪う猛チャージで「65」。スコアを6つ伸ばしてトータル7アンダーの28位タイと55位タイから大きく順位を上げた。

首位に立ったのはトータル16アンダーのトニー・フィナウ(米国)。1打差の2位にウェブ・シンプソン(米国)。首位と2打差の3位タイにハドソン・スワフォード、J.B.ホームズ(ともに米国)が続いている。

前年覇者のリッキー・ファウラー(米国)は「69」でトータル5アンダーの40位タイ。ジャスティン・トーマス(米国)はトータル8アンダーの21位タイで最終日へと向かう。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ