ウェイストマネージメントフェニックスオープン

米国男子

松山英樹は暫定13位タイ発進で首位とは6打差 小平智は暫定98位タイ

松山英樹が13位タイ発進 ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン(2020)(初日) 写真・Getty Images
松山英樹が13位タイ発進 ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン(2020)(初日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Wyndham Clark -10 -10
2 ビリー・ホーシェル -8 -8
3 J・B・ホームズ -7 -7
4T アン・ジョンフン -6 -6
4T トム・ホージュ -6 -6
4T バド・コーリー -6 -6
4T ハリス・イングリッシュ -6 -6
8T ハドソン・スワッフォード -5 -5
8T Nate Lashley -5 -5
8T アダム・ロング -5 -5
<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇30日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)・7261ヤード・パー71>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の第1ラウンドは1人がホールアウトできないまま日没サスペンデッドになった。2016、17年と大会を連覇している松山英樹は、6バーディ・1ダブルボギーの「67」をマーク。首位と6打差の4アンダー・暫定13位タイ発進を決めた。

10アンダーでこの日単独首位に立ったのはウィンダム・クラーク(米国)。首位と2打差の暫定2位にビリー・ホーシェル、3打差の暫定3位にJ・B・ホームズ(ともに米国)が続いている。

日本勢の小平智は「73」でラウンドし、2オーバー・暫定98位タイ発進。そのほか注目選手では、昨年覇者のリッキー・ファウラー(米国)が3オーバー・暫定110位タイ、松山と同組の地元アリゾナ州立大学出身のジョン・ラーム(スペイン)が4アンダー・暫定13位タイ、今季2勝を挙げているジャスティン・トーマス(米国)が3アンダー・暫定23位タイで初日を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
「指が取れても…という気持ち」で終盤に反撃! 小平智は痛みに耐えながら予選通過目指す

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ