ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

松山英樹は「救いの1打」で次戦へ手応え 過去2勝の得意大会へ

松山英樹はショットに手応えをつかんで次戦へ ファーマーズインシュランスオープン(2020)(最終日) 写真・Getty Images
松山英樹はショットに手応えをつかんで次戦へ ファーマーズインシュランスオープン(2020)(最終日) 写真・Getty Images
<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終日◇26日◇トリーパインズGC(カリフォルニア州)>

2アンダー・50位タイから上位を目指した松山英樹は、トータル3アンダー・45位タイで終了。この日は1イーグル・4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「71」と、出入りの激しい1日となった。

インスタートの前半を3バーディ・1ボギーの「34」とスコアを2つ伸ばして折り返し。後半は4番までパーを重ねたが、5番からの上がり5ホールは「ドタバタ」の展開だった。5番で3パットのボギーを叩くと、6番パー5では花道からの3打目を直接カップインしてイーグルを奪取。ところが、7番パー4は2打目をバンカーに入れ、3打目はオーバーしてグリーンに乗らずにダブルボギーと後退。8番で4mのバーディパットを沈めて取り戻したが、最終9番は3パットのボギー。

結果はボギーでの締めくくりとなったが、感触は悪くない。この日はフェアウェイキープ率が42.86%と低迷、スタートホールからドライバーショットで手を離す場面も見られたが、最終ホールではしっかりとフェアウェイを捉えてフィニッシュ。「良い所も悪い所も両方あると思うけど、最後のティショットが救いの1打という感じで、来週に繋がる1打だったかなと思う」と語った。

次戦は過去2度の優勝を収めている「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」に参戦。「来週は得意な大会だと思うので、しっかりと初日から伸ばしていけるように頑張りたい」と、好相性の大会での活躍を目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・バスケ界スーパースターの事故死にウッズ沈痛「人生はもろい、この瞬間に感謝したい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ