ザ・プレジデンツカップ

米国男子

16番でタイガーコールを“黙らせた”松山英樹 終盤追いつかれ引き分けに「悔しい」

松山英樹 一時は大量リードも敗戦 ザ・プレジデンツカップ(2020)(最終日) 写真・パーゴルフ
松山英樹 一時は大量リードも敗戦 ザ・プレジデンツカップ(2020)(最終日) 写真・パーゴルフ
<ザ・プレジデンツカップ 最終日◇15日◇ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)◇7055ヤード・パー71

17番グリーンに上がってきた松山英樹とトニー・フィナウ(米国)。2人の姿を見て、観客のひとりが「面白くなってきたぞ」とつぶやいた。

シングルスマッチが行われた最終日。第2マッチでスタートした松山は、9番までに4UPと快走。このまま早々に勝負をつけるかに思われたが、突如として快進撃はストップ。11番の2打目、バンカーショットを3m弱につけて歓声を浴びたが、これを決められずにこのホールを奪われた。ここから4ホール連続で獲られ、16番を迎えた時点でオールスクエアまで追いつかれた。

16番に入ったとき、1組前ではタイガー・ウッズ(米国)が3&2でエイブラハム・アンサー(メキシコ)を撃破。グリーンはタイガーコールに沸き、星条旗がはためいていた。グリーン脇では、キャプテンの顔に切り替わったウッズがじっと後続の動向を見守っている。ピンとした空気が張り詰める中、松山が3mのバーディパットを沈めて再び1歩リード。力強く拳を握ると、会場は再び世界選抜の色に染まった。

1アップで迎えた17番パー4。ともにフェアウェイから放ったセカンドは、松山が7.5m、フィナウが4mに乗せて両チームのファンから再び歓声が巻き起こる。このホールを獲れば松山の勝利。ところが、バーディパットは決まらずオーバー。約1.5mのパーパットもカップ左をそれて目頭を押さえる。会場にはため息が響き、これで再び引き分け。勝負は最終18番までもつれこんだ。

「次だ!いけ!」「ヒデキ!」と鼓舞する観客の声がティイングエリアを囲む。この時点で、米国選抜がシングルスで3ポイントを獲得してトータルポイントでは10対11と劣勢。1998年以来となる世界選抜勝利へ追い風を起こしたかったが、2打目はグリーンをオーバーし、奥のカラーから入らず。パーとしたフィナウと引き分けでフィニッシュ。「悔しいですね。自分のミスから流れが変わってしまった」と苦い思いをかみしめた。

2ポイントのリードを持って最終日を迎えた世界選抜チームは、逆転を許し14対16で終了。世界を背負って戦った4度目の挑戦は、多くの声援を受けながらも、悔しい最後となった。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・最終日のリーダーボードはこちら
・実は重圧でいっぱいだった? タイガーが見せた「ハートフル」な涙とハグ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ