ZOZOチャンピオンシップ

米国男子

松山英樹は140ヤードパー4に「小学生以来(笑)」 ウッズと4差3位に「いいプレーをすれば皆さんの元気につながる」

松山英樹 見据える先は勝利のみ ZOZOチャンピオンシップ(2020)(2日目) 写真・佐々木啓
松山英樹 見据える先は勝利のみ ZOZOチャンピオンシップ(2020)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 タイガー・ウッズ -6 -12
2 ゲーリー・ウッドランド -4 -10
3T キーガン・ブラッドリー -7 -8
3T 松山 英樹 -3 -8
5T C・コナーズ -6 -7
5T ダニエル・バーガー -4 -7
7T ザンダー・シャウフェレ -4 -6
7T M・ウルフ -5 -6
9T ビリー・ホーシェル -3 -5
9T ライアン・パーマー -2 -5
<ZOZOチャンピオンシップ 3日目◇26日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

日本のエースが異例づくしの大会で、第2ラウンドを終えてトータル8アンダー。首位のタイガー・ウッズ(米国)と4打差の3位タイで残り36ホールに臨む。

第1ラウンドを終えて首位と1打差の3位タイにつけた松山。中止となった2日目は「ゆっくりホテルで過ごしました」と、朝のうちに軽い練習を行い、記録的な豪雨のなかでは何もできなかったという。

この日は安全性を考慮しギャラリー入場不可の無観客試合。「プライベートのラウンドみたいですごく違和感はありました」と、声援がない中でのラウンドとなったが、「悪いプレーではなかったと思う。明日もこのまま続けられればいい」と、手応えを感じている様子だ。

出だしの10番では幸先良くイーグル発進。といっても、水没したセカンド地点を避ける140ヤードパー4の設定。「小学生以来じゃないですかね(笑)。普通のパー3、パー4のセカンドと思ってやれば何も変わらない」と、ここで1オン1パットのイーグル。「スタートでいいパットが入って、そのあと楽にプレーできた」と、スコア以上に、流れをつくるイーグルだった。

「ピンポジションもタフなところに切ってあったので、がっつり攻めるとボギーになる。うまく攻められました」と、体調もゴルフの調子も上々。「きょう悪くて、明日応援に来てくれて、微妙な位置からスタートするよりいい」と、無観客を発奮材料にした。さらには、あれだけの雨が降りながら「最高の状態」と、コース状態への文句などあろうはずがない。

あすの日曜日はギャラリーが3日ぶりにコースを埋め尽くす。豪雨災害のため、大勢の人が見たくても見られなかったヒデキチャージを、あすは絶対に見せたいところ。「いいプレーをすることが皆さんの元気につながるので頑張りたい」。相手にも不足はなし。残り2ラウンドでウッズを追撃し、日本のファンを熱狂の渦に包み込む。(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・タイガーもビックリ! 観客のいないコースに響いた“タイガー・コール”
・石川遼は連日の「68」も“後退” 「新たな気持ちで頑張りたい」
・努力が滝のように流れていった… 暗闇の中スタートした、習志野CCのもう一つの“激闘”

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ