全英オープン

米国男子

シェーン・ローリーが「63」で単独首位 ケプカは7差4位T、稲森佑貴は1つ伸ばし43位T

首位で初タイトル目前のシェーン・ローリー 全英オープン(2019)(3日目)  写真・村上航
首位で初タイトル目前のシェーン・ローリー 全英オープン(2019)(3日目) 写真・村上航
<全英オープン 3日目◇20日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

北アイルランドのロイヤルポートラッシュGCで行われている「全英オープン」3日目。首位タイから出たシェーン・ローリー(アイルランド)がボギーなしの8バーディを奪う猛攻で「63」をマーク。トータル16アンダーで単独トップに立った。

4打差のトータル12アンダー・2位にトミー・フリートウッド(イングランド)。トータル10アンダーの3位にJ.B.ホームズ(米国)。トータル9アンダーの4位タイにブルックス・ケプカ(米国)とジャスティン・ローズ(イングランド)の2人がつける。

トータル8アンダーの6位タイに5つスコアを伸ばしたリッキー・ファウラー(米国)とリー・ウェストウッド(イングランド)。トータル7アンダーの8位タイにダニー・ウィレット(イングランド)、ジョン・ラーム(スペイン)、トニー・フィナウ、ジョーダン・スピース(ともに米国)が続く。

決勝ラウンドに進んだ日本勢では、稲森佑貴がこの日は5バーディ・4ボギーで1つスコアを伸ばし、トータルイーブンパーの43位タイ。浅地洋佑は2バーディ・2ボギーでトータル1オーバーの50位タイとなっている。

なお、最終日は悪天候が予想されるため、スタート時間を早め、第1組が午前7時32分、最終組が午後1時47分スタート予定となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・憧れのタイガー敗退で“目標達成”はおあずけだけど… 浅地洋佑「誰と回っても、すごくいい経験」
・荒天が予想される最終日 “27年ぶり” のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか?
・「クレージーな出来事だった」ロイヤルポートラッシュのヘッドプロが夢舞台で晴れ姿
・鳴り響く“ローリーコール” アイルランドの32歳は「人生で最高の日だった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ