全英オープン

米国男子

松山英樹は42位T発進 稲森佑貴が1アンダーで日本勢トップ、J.B.ホームズが単独首位

単独首位発進のJ.B.ホームズ 全英オープン(2019)(初日)  写真・Getty Images
単独首位発進のJ.B.ホームズ 全英オープン(2019)(初日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 J・B・ホームズ -5 -5
2 シェーン・ローリー -4 -4
3T アレックス・ノレン -3 -3
3T ウェブ・シンプソン -3 -3
3T セルヒオ・ガルシア -3 -3
3T ディラン・フリッテリ -3 -3
3T Robert MacIntyre -3 -3
3T キラデク・アフィバーンラト -3 -3
3T Ryan Fox -3 -3
3T ティレル・ハットン -3 -3
68年ぶりに北アイルランドで開催されている今季海外メジャー最終戦の「全英オープン」は初日の競技を終え、5アンダーをマークしたJ.B.ホームズ(米国)が単独首位発進を決めた。

首位と1打差の4アンダー・2位にシェーン・ローリー(アイルランド)。さらに1打差の3アンダーに今季メジャーで1勝、2位2回のブルックス・ケプカ(米国)、ジョン・ラーム、セルヒオ・ガルシア(ともにスペイン)ら13人が続く。

日本期待の松山英樹は出だしをボギーとし、前半は2オーバーで折り返したが、後半はボギーなしの2バーディでイーブンパー・42位フィニッシュ。海外メジャー初出場の稲森佑貴が、3バーディ・2ボギーの「70」で回り、1アンダーの20位タイと好スタートを切っている。

そのほかの日本勢では、松山と同じくイーブンパーの42位タイに堀川未来夢。浅地洋佑が1オーバーの54位タイ。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は2オーバー・72位タイ。藤本佳則は4オーバーの113位タイ。池田勇太は5オーバーで128位タイ。今平周吾は12オーバーの153位タイと大きく出遅れている。

4月の「マスターズ」で11年ぶりのメジャー大会制覇を果たしたタイガー・ウッズ(米国)は7オーバーの144位タイ。前年覇者のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)は「全米オープン」覇者のゲーリー・ウッドランド(米国)らとともに3オーバー・94位タイ。大会2勝目を目指す地元のローリー・マキロイ(北アイルランド)は大荒れの8オーバーで150位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・デビッド・デュバルの7番ホールで全英オープンは大混乱? 正しいスコアは「15」?「13」?「14」?
・地元ファンの声援に応えられずも… R・マキロイは「歯を食いしばるだけ」
・初出場組が健闘! 日本勢最上位の稲森佑貴「なんで食い込んでるんだろう(笑)」
・バックナインの最少記録も生まれた!ビッグネームの出遅れを横目に伏兵が躍動

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ