3Mオープン

米国男子

「66」で6位浮上の松山英樹、優勝争いに向け「前半で置いていかれないように」 トップはデシャンボーら3人

松山英樹がトップと2打差で最終日を迎える 3Mオープン(2019)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹がトップと2打差で最終日を迎える 3Mオープン(2019)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Matthew Wolff -9 -15
1T Collin Morikawa -7 -15
1T ブライソン・デシャンボー -1 -15
4T Wyndham Clark -7 -14
4T アダム・ハドウィン -2 -14
6T 松山 英樹 -5 -13
6T チャールズ・ハウエルIII -5 -13
6T トロイ・メリット -5 -13
9T Joaquin Niemann -6 -12
9T Dylan Frittelli -5 -12
<3Mオープン 3日目◇6日◇TPCツインシティーズ(ミネソタ州)◇7468ヤード・パー71>

米国男子ツアー「3Mオープン」の3日目は、松山英樹が1イーグル・5バーディ・2ボギーの「66」をマーク。トップと2打差のトータル13アンダーまでスコアを伸ばし、6位タイの好位置で最終日を迎える。

前半から3つスコアを伸ばした松山は、後半に入っても勢いは衰えず。10番でバーディを奪うと、12番パー5では、52度のウェッジで放った残り100ヤードの第三打がそのままカップインしてイーグル。両手を上げバンザイで喜ぶプレーでさらにスコアを積み重ねた。優勝に向けては「前半で置いていかれないことが一番大事。まずは前半を大事にしたいと思う」と話した。

トータル15アンダーのトップにはブライソン・デシャンボー、マシュー・ウルフ、コリン・モリカワ(いずれも米国)の3人。1打差の4位タイにはウインダム・クラーク(米国)、アダム・ハドウィン(カナダ)の3人が続いている。

小平智は1つスコアを伸ばし、トータル6アンダー・59位タイで3日目の競技を終えた。

【3日目の成績】
1位T:ブライソン・デシャンボー(-15)
1位T:マシュー・ウルフ(-15)
1位T:コリン・モリカワ(-15)
4位T:ウインダム・クラーク(-14)
4位T:アダム・ハドウィン(-14)
6位T:松山英樹(-13)
6位T:チャールズ・ハウエルIII(-13)
6位T:トロイ・メリット(-13)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・感覚取り戻し自信回復の小平智 「ビッグスコアも出る…出したい!」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ