ロケットモーゲージクラシック

米国男子

松山英樹は13位タイ ネイト・ラシュリーがツアー初優勝

ネイト・ラシュリーがうれしいツアー初優勝 ロケットモーゲージクラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images
ネイト・ラシュリーがうれしいツアー初優勝 ロケットモーゲージクラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Nate Lashley -2 -25
2 Doc Redman -5 -19
3T ローリー・サバティーニ -4 -18
3T ウェス・ローチ -4 -18
5T ブラント・スネデカー -5 -17
5T Joaquin Niemann -4 -17
5T テッド・ポッターJr. -4 -17
5T ブライアン・スチュアード -4 -17
5T キャメロン・トリンゲール -1 -17
5T パトリック・リード -2 -17
<ロケット・モーゲージ・クラシック 最終日◇30日◇デトロイトゴルフクラブ(ミシガン州)◇7340ヤード・パー72>

米国男子ツアーの新規大会最終日。前日まで首位を独走していたネイト・ラシュリー(米国)が危なげないゴルフでトータル25アンダーまで伸ばし、悲願の初優勝を決めた。

9位タイからスタートした松山英樹は、前半で3つスコアを伸ばしたが、後半は1オーバーとして、トータル15アンダーの13位タイで大会を終えた。

トータル19アンダーの2位にはドック・レドマン(米国)。トータル18アンダーの3位タイにローリー・サバティーニ(スロバキア)とウェス・ローチ(米国)が入った。

なお、本大会は今月開催の「全英オープン」の予選会を兼ねており、ラシュリーとレドマンのふたりが出場を決めた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ