全米オープン

米国男子

ゲーリー・ウッドランドが首位キープ 114年ぶり3連覇かかるB・ケプカが3位T、松山英樹は23位T

松山英樹は23位タイで最終日へ 全米オープン(2019)(3日目) 写真・岩本芳弘
松山英樹は23位タイで最終日へ 全米オープン(2019)(3日目) 写真・岩本芳弘
<全米オープン 3日目◇15日◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075ヤード・パー71>

海外メジャー「全米オープン」はムービングデーが終了。トータル11アンダーまで伸ばしたゲーリー・ウッドランド(米国)が単独首位をキープしている。

1打差の2位にジャスティン・ローズ(イングランド)。トータル7アンダーの3位タイには114年ぶりとなる3連覇を狙うブルックス・ケプカ(米国)、チェズ・リアビ(米国)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)。トータル6アンダーの6位にはロリー・マキロイ(北アイルランド)が続いている。

日本勢唯一の決勝進出となった松山英樹は、7バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「70」でトータル1アンダー・23位タイ。タイガー・ウッズ(米国)はトータルイーブンパーの27位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・二桁アンダーふたりの意外な関係 G・ウッドランドとJ・ローズが神がかりパットで応戦
・5年ぶりのメジャー5勝目へ マキロイは「プレッシャーをかけずに自然体」
・ミケルソンがUSGAを賞賛 「今までで1番のセッティング」の理由

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ