全米オープン

米国男子

松山英樹とT・ウッズは32位タイ、トップはG・ウッドランド 日本勢3人は予選落ち

松山英樹は32位タイ 全米オープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹は32位タイ 全米オープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images
<全米オープン 2日目◇14日◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075ヤード・パー71>

海外メジャー「全米オープン」の第2ラウンドが終了。6バーディ・ノーボギーの「65」をマークしたゲイリー・ウッドランド(米国)がトータル8アンダーで単独首位に立った。

首位と1打差2位にはジャスティン・ローズ(イングランド)、2打差3位にはルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)がつけた。

2アンダー16位タイから出た松山英樹は、3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「73」でフィニッシュ。トータルイーブンパーで32位タイ。、1アンダー28位タイから出たタイガー・ウッズ(米国)は1バーディ・2ボギーの「72」でホールアウトし、松山と同じく32位タイとなった。

そのほか、大会3連覇がかかるブルックス・ケプカ(米国)はトータル4アンダー6位タイ。日本勢では、堀川未来夢がトータル6オーバー112位タイ、今平周吾がトータル8オーバー129位タイ、市原弘大がトータル12オーバー148位タイで予選落ちとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ミケルソンとタイガー 米ゴルフ界2大ヒーローの“明”と“暗”
・マスターズ優勝から苦節… セルヒオ・ガルシアがメジャーで久しぶりの予選突破

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ