ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide

米国男子

松山英樹が「64」の爆発、首位と4打差3位Tに浮上 単独首位はM・カイマー

松山英樹が初優勝大会で躍進! ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2019)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹が初優勝大会で躍進! ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2019)(3日目) 写真・Getty Images
<ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide 3日目◇2日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(米国オハイオ州)◇7392ヤード・パー72>

「ザ・メモリアル・トーナメント」の3日目が終了。トータル3アンダー25位タイから出た松山英樹が「64」と追い上げを見せ、トータル11アンダー3位タイに浮上した。

松山は前半で3連続バーディを奪うなど4つスコアを伸ばして折り返し。後半でもスコアを落とすことなくバーディを4つ奪い、8バーディ・ノーボギーでラウンド。18番パー4ではグリーンサイドからのチップインバーディで締め、ホールアウト時はトップタイにつけた。首位と4打差で最終日を迎える。

トータル15アンダーで単独首位に立ったのはマーティン・カイマー(ドイツ)、首位と2打差2位にはアダム・スコット(オーストラリア)、4打差3位タイには松山、パトリック・キャントレー、ジョーダン・スピース(ともに米国)が続いた。

そのほか、タイガー・ウッズ(米国)は「70」でホールアウトしてトータル4アンダー25位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ