AT&Tバイロン・ネルソン選手権

米国男子

松山英樹はパッティングに課題も… ティショットに手応え「ミス少なかった」

目下の課題はグリーン上 解決できればビッグスコアも見えてくる AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2019)(2日目) 写真・Getty Images
目下の課題はグリーン上 解決できればビッグスコアも見えてくる AT&Tバイロン・ネルソン選手権(2019)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 康 晟訓 -10 -16
2T マット・エブリー -6 -12
2T Tyler Duncan -5 -12
4 ブルックス・ケプカ -5 -11
5 ローリー・サバティーニ -6 -10
6T マーティン・レアード -5 -9
6T ボウ・ホスラー -5 -9
6T Roberto Diaz -4 -9
9 マイケル・トンプソン -3 -8
10T ジョーダン・スピース -4 -7
<AT&Tバイロン・ネルソン選手権 2日目◇10日◇トリニティフォレストGC(米国テキサス州)◇7558ヤード・パー71>

米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」2日目。松山英樹は2バーディ・1ボギーの「70」とスコアを1つ伸ばし、トータル5アンダーとしたものの27位タイと順位を落としている。

朝から曇り空で気温が上がらず、テキサス州の5月では記録的な寒さとなったこの日。特に早朝は風も強く、「上着を2枚着てゴルフをしたのは初めてだったので、一回も脱がなかった。それは初めてだった」というコンディションだった。

『もどかしい1アンダーですか?』という質問に「そうですね」と答えた松山。「パッティングが…。いいストロークしても入らないところもあれば、悪いストロークで入らないところもあって、その差が今日は特にひどかった」。14番でバーディパットがオーバー。その返しを外したことで、「なかなか思うように打てなくなったというのはある。特に後半はうまく打てなかった部分はあるので、それをしっかり明日以降修正できたらいい」。

それでも昨日良かったショットには一定の手応え。「ティーショットに関しては100%ではないけど、ミスも少なかった。セカンドショット以降のピンを狙っていくショットが、まだ緩んでみたり、いろんな変な動作をしてしまったりするんで、そこがなければいいショットも打っている」と修正ポイントも分かっている。

「トップとの差はだいぶありますけど、しっかり伸ばして行って、良い位置で終われるように頑張りたい」と話した松山。パッティンググリーンへ直行して調整すると、早めに練習を切り上げた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ