ウェルズファーゴ選手権

米国男子

松山英樹はギリギリで予選通過 ジェイソン・ダフナーが首位奪取

首位に立ったジェイソン・ダフナー ウェルズファーゴ選手権(2019)(2日目) 写真・Getty Images
首位に立ったジェイソン・ダフナー ウェルズファーゴ選手権(2019)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジェイソン・ダフナー -8 -11
2T Joel Dahmen -5 -10
2T マックス・ホーマ -8 -10
4T ローリー・マキロイ -1 -6
4T パトリック・リード -2 -6
6T ジャスティン・ローズ -4 -5
6T Seamus Power -3 -5
6T ジェイソン・デイ -2 -5
6T パット・ペレス -3 -5
10T ブレンドン・トッド -1 -4
<ウェルズファーゴ選手権 2日目◇3日◇クエール・ハローC(米国ノースカロライナ州)◇7562ヤード・パー72>

米国男子ツアーの「ウェルズファーゴ選手権」2日目。初日83位タイと出遅れた松山英樹は3バーディ・2ボギーとひとつスコアを伸ばし、トータル1オーバー・62位タイでからくも予選を突破した。

トータル11アンダーの単独首位に、2013年の「全米プロ」を制したジェイソン・ダフナー(米国)。1打差の2位にジョエル・ダーメンとマックス・ホーマ(ともに米国)。首位発進のローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル6アンダーで4位タイとしている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ