RBCヘリテイジ

米国男子

「状況が違うので」 昨年と同スコアの船出も苦しむ小平智

ドライバーがなかなか上向かず苦しむ小平智 RBCヘリテイジ(2018)(初日) 写真・パーゴルフ
ドライバーがなかなか上向かず苦しむ小平智 RBCヘリテイジ(2018)(初日) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 シェーン・ローリー -6 -6
2T Trey Mullinax -5 -5
2T ダニエル・バーガー -5 -5
2T ルーク・リスト -5 -5
2T ライアン・ムーア -5 -5
2T ライアン・パーマー -5 -5
7T Sam Burns -4 -4
7T アレックス・ノレン -4 -4
7T ピーター・マルナティ -4 -4
7T スコット・ピアシー -4 -4
<RBCヘリテイジ 初日◇18日◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ)◇7099ヤード・パー71>

縁起よくも苦しい船出となってしまった。米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」の第1ラウンドが行われ、前年覇者の小平智は、4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「73」。2オーバー・93位タイと出遅れた。米ツアー初優勝を遂げた昨年も「73」と出遅れてからの優勝だった。今年も同じスコアではあるが、少し状況が違うようだ。

今季フェデックスカップランキング1位のマット・クーチャー(米国)、世界ランキング8位のブライソン・デシャンボー(米国)とともに注目組の一つに組み込まれた小平は、前年覇者として大きな声援を受けて1番からスタート。2番パー5でバーディ先行としたが、3番、4番で連続ボギー。5番パー5で3打目を1.5mに寄せてイーブンパーに戻すと、6番では右のフェアウェイバンカーから2mに寄せてバーディを決める。9番では3mのバーディパットを外してしまったが、1アンダーで折り返した。

状況が変わってしまったのが10番パー4。フェアウェイ左サイドに大きな池が口を開けているホールで、「左から風が来ていたのでカットして打った」というドライバーショットが、左に出て左に曲がる、いわゆる逆球となりボールは池に消えた。3打目でもグリーンに届かず、ダブルボギーで後退。「あれで集中力が切れてしまいました」とショットの歯車がずれていく。

その後、グリーンを外しても、この1年で成長したショートゲームでしのぐ場面もあったが、15番パー5で握ったドライバーが今度は大きく右に曲がる。あわやOBだったが、木に当たってフェアウェイバンカーに止まった。目の前にせり出す枝がレイアップの難度を上げる状況から、うまくリカバリーできずにボギー。16番では、2打目を2mにつけてバーディとしたが、最終18番は50センチのパーパットを外してボギーフィニッシュとしてしまった。

「この2年間、ドライバーがうまくいっていなくて、だましだましやってきましたが限界ですね。ここにきてため込んでいたものが溢れ出てしまっている感じです」。先週のマスターズでも「思い切り振るとどこに飛ぶか分からない」と、第3ラウンドでは2回しかドライバーを使わなかった。小平は元々ドライバーでリズムを作るタイプ。そのドライバーでリズムが作れずに「気持ちよくゴルフができていない」と吐露する。

1年前はだましながらもいいプレーができたが今はそれがうまくいかないとも。「昨年の初日と同じスコアなのでプラスにとらえていきたいけど、昨年と今年では状況が違い過ぎるので」と歯切れ悪くコースを後にした。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ